【新卒採用】豊田自動織機の技術職・事務職の倍率はいくつ⁉

豊田自動織機の新卒採用の倍率はどれくらいになるのか。採用活動は技術職と事務職でそれぞれ別々で行われる。製造業の中では大手企業ということで、毎年例外なく多くの学生が応募する。




トヨタ自動車はかつての豊田自動織機の自動車部門を分社化した会社ということで、豊田自動織機は「世界のトヨタ」の源流という存在となっている。

今日では自動車よりは規模が小さいものの、トヨタグループの中心的な企業の1つということには変わりない。

豊田自動織機

採用人数は毎年150~200人ほどで推移している。世の中の景気が極端に悪くならない限りは、今後もこれくらいの人数を採用すると思われる。

技術職の倍率は10~20倍か?

豊田自動織機の技術職の採用における倍率は10~20倍くらいになると予想する。研究や開発、生産管理などに携わる職種であり、応募者は理系が中心となっている。

採用人数が事務職よりも多い一方、応募条件は理系の学部に所属している学生が基本となっていることもあって、就職までの難易度はそれほど高くはない。

倍率は10倍を超えるということで、残念ながら不採用になってしまう人も多く出るが、それでも大手企業としては入社できる可能性は低くはない。

技術職の場合は、学校推薦で応募できることがある。自由応募はただエントリーシートを提出して一般的な選考過程となるルートであるのに対して、学校推薦は大学の教授の推薦状を添付して応募することで、入社の難易度が下がる。

大学のお墨付きを得るという形になるため、内定がもらえる可能性が高まる。今回の予想倍率はあくまでも自由応募による選考に限ったことである。

ただ、学校推薦となると実際に内定を獲得した後の辞退はほぼ不可能と考えてよい。あくまでも入社を前提とした応募であるのが学校推薦というルートといえるだろう。



事務職は難易度が高い

事務職とは、営業やマーケティング、購買、企画などの管理的な業務に携わる職種である。工学部などの理系出身の人が中心である技術職とは違って、事務職は文系が多い。

採用人数は技術職よりも少ない。それでも応募者数は多いため、倍率は20倍以上になると考えられる。

事務職の選考では自由応募が基本となっている。文系学部を対象とした職種では、どの企業でも同じことがいえるが、一般的なルートで応募して内定を目指すことになる。学校推薦はゼロではないが、レアな存在となっている。

採用人数が少なくて倍率が高いという点から、豊田自動織機の事務職の就職難易度は高いのは間違いない。

エントリーシートの作成には時間をかけ、面接に進んだ際にはしっかりとした受け答えができる等に対策をしておくことが重要となるだろう。

おすすめ記事




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です