【ドコモ光】プロバイダで回線速度に違いは出るのか!?

【GMOとくとくBB】ドコモ光ならキャンペーン豊富

ドコモ光の回線速度が遅いという声が多い。プロバイダに問題があるのではないかと考えている人も少なくないだろう。ビッグローブ・ぷらら・GMOとくとくBB・So-netなどの会社があり、契約時には自由に選ぶことができる。

しかし、回線の設備はあくまでもNTTのフレッツ光を利用することになる。そのため、プロバイダの違いによっては、若干は回線速度に違いが出たとしてもほとんど変わらないことが多いようだ。

とはいえ、特定のプロバイダでは遅くなることもあるのも間違いない。特に混雑によって回線が飽和状態となると、それを利用しているユーザーは高速データ通信がしにくくなってしまう。

夜だけ遅くなるのはプロバイダが原因の場合も

ドコモ光を使っている中で、夜の時間帯だけ回線速度が遅くなるケースでは、プロバイダ側に問題がある可能性がある。該当するプロバイダを利用している人が過剰になると、インターネットへの接続環境が悪くなる。

プロバイダAではスムーズにインターネットへ接続できているとしても、プロバイダBでは混雑によってスピードが遅くなっているという現象はよくあること。

プロバイダBの契約者が多いため、回線がパンクしてしまうというわけだ。その一方で、プロバイダAは契約者が少ないことで混雑が緩やかになっていて、スピードも安定するという形になっている。

フレッツ光の卸売のことを「光コラボレーション」と呼んでいて、他の会社が販売している光回線ではプロバイダは1つだけとなっている例がほとんどである。

しかし、ドコモ光の場合は複数のプロバイダを取り扱っている。これにより、同じNTTドコモであってもプロバイダの違いによって回線速度が速いところもあれば遅いところもあるという結果になりやすい。

1日中遅いのはフレッツ光に原因ありか?

一方で、1日を通して回線速度が遅い場合にはフレッツ光の設備に問題がある可能性が大きい。

プロバイダ側の設備上の問題だとすると、終日に渡って混雑が続くということはないため、1日を通して遅い原因はこれ以外にあるということになる。

フレッツ光の回線は、地域によっては利用者数が多いことによって速度が慢性的に遅いところがあるようだ。

ドコモ光の場合、フレッツ光を使っているサービスであるため、これによる影響は受けてしまう。

どの時間帯でも、もし回線速度が50Mbps(下り)が出ないのであれば、ドコモ光が遅い原因はこれに当てはまる可能性が大きいと判断できる。

【GMOとくとくBB】ドコモ光ならキャンペーン豊富

おすすめ記事