【上越新幹線】自由席の混雑度は!? いつ空席ゼロになる?

上越新幹線の自由席ではどれくらい混雑するのか。とき号もたにがわ号も指定席、グリーン車、自由席が設けられている。満席のため空席ゼロになるのは、どんな時なのか。




同じ上越新幹線の中でも、通過駅が多い速達型の「とき」と「MAXとき」が混雑しやすい。指定席には空席が十分に残っている状態でも、自由席ではすべて埋まっていて、満席になっていることも少なくない。

東京駅や新潟駅から乗車するのであれば、列に並べば座れるのは間違いない。しかし、途中駅からとなると、どこを探しても座れないという結果になるかもしれいない。

上越新幹線

特に、新潟方面へ向かう下り列車の場合、上野駅や大宮駅から乗ろうとすると、東京駅を発車する時点で満席になっていたために、自由席で座れなかったという経験したことがある人はいるだろう。

土日の混雑度は?

週末の土日になると、朝は下り、夕方は上り列車は混雑する。速達型の「とき」、「MAXとき」では、2名掛けの方は満席になる。3名掛けでも、真ん中の座席がポツンと空いているが、窓側と通路側はすべて誰かが座っているような状態となる。

土曜日の午前中は、首都圏から新潟県内へ向かう人で混雑する。東京駅では、新幹線の到着を待つ人で長い列ができていることは珍しくはない。

とき号は、特に通過駅が多いということで、遠方へ向かう人でにぎわう。東京駅から乗る場合でも、列の最後尾となると、通路側の席しか選択肢がないということになりやすい。

上野駅や大宮駅から乗るのであれば、自由席だと3名掛けの真ん中しかないと考えてよい。指定席をとるのがよいだろう。

土曜日・日曜日の夕方から夜の時間帯では、今度は東京方面へ向かう列車が混雑する。具体的には、新潟駅を15時以降に出発する列車である。

同じく、とき号の自由席が最初に満席になりやすい。新潟駅であれば、座れる可能性が非常に大きいものの、長岡駅辺りからは満席に近い状態となることがある。

越後湯沢駅から乗る人も多いが、この辺りは座れないと考えてもよいレベルになる。指定席にしておくのが好ましいだろう。



年末年始・GW・お盆は?

上越新幹線は、全国の新幹線の中ではあまり混雑しない路線である。自由席であっても、3名掛けの真ん中さえもすべて埋まる「完全な満席」になることはそれほど多くはない。

しかし、年末年始・ゴールデンウィーク・お盆のような大型連休のシーズンは例外である。とき号もたにがわ号も、ともに大混雑となる。

上越新幹線の空席

始発駅でさえ、自由席で座れる可能性は高いとは言えない。特に、東京駅の下り列車では、発車30分以上前から並ばないと、座れない可能性が非常に大きいと考えても行き過ぎではない。

指定席でさえ、空席ゼロになる時期であるため、もし上越新幹線を使って移動するのであれば、自由席を選ぶのは避けたい。

おすすめ記事




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です