【北陸新幹線】なぜ遅いのか!? 最高速度が260km/hに留まる理由

北陸新幹線の最高速度は260km/hだが、遅いと感じたことはないだろうか。開業したのが2015年にも関わらず、東海道山陽新幹線や東北新幹線よりもスピードが遅い。




50年以上前に開業した東海道新幹線では最高速度が285km/hになっている。山陽新幹線、東北新幹線(盛岡以南)については、それぞれ300km/h、320km/hになっている。

北陸新幹線は、九州新幹線や北海道新幹線、東北新幹線の盛岡以北と同じ速度に設定されている。車両についても、使用されているE7系・W7系は設計速度が275km/hとなっている。

どうして、北陸新幹線では260km/hまでしか出せないのか。また、スピードアップされる予定はないのか。

整備新幹線だから遅い

北陸新幹線

北陸新幹線は、「整備新幹線」として建設された路線である。全国新幹線鉄道整備法という法律に基づいて、政府が1973年に整備計画を出した路線の1つに北陸新幹線が入っている。

整備新幹線では、すべて設計速度が最高速度260km/hに定められている。これは、建設コストと速達性の必要性から考えられたとされているが、従来の新幹線よりもややきつい作りになっている。

直線が長い区間でも、騒音対策については260km/hでの走行時を想定しているため、それよりも高速運転のことは考慮されていない。

線路を所有しているのは鉄道建設・運輸施設整備支援機構という独立行政法人であり、JRはあくまでも列車を運行しているだけに過ぎない。そのため、JRが独断で速達化を計画したり、設備の工事に踏み切ることはできない。

鉄道事業者や乗客が「北陸新幹線をもっと速くしてほしい」と言っても、それを実現できにくいのが、今の北陸新幹線をはじめとする整備新幹線の実情なのだ。

使用されている車両もまた、260km/hでの運転を前提に作られている。E7系・W7系はいずれも飛ばしても275km/hまでしか対応していない。



大宮~高崎間は240km/h

北陸新幹線でも、260km/hを出せるのは高崎駅以西の単独区間である。大宮~高崎間は上越新幹線の線路を走るが、この区間は最高速度が240km/hになっている。

上越新幹線のの場合、大宮~新潟間ではずべての列車で240km/hまでと設定されている。これには、北陸新幹線の列車も適応される。線路や信号設備が240km/hを最高速度として設けられているためだ。

東北新幹線

さらに、東京~大宮間の東北新幹線と線路を共有する区間に至っては、最高速度が110km/hに抑えられている。在来線とほとんど変わらないスピードである。並行して走るJR埼京線と並んで走る光景もよく見られるほどだ。

東北新幹線の東京~大宮間はどうして遅い!? 最高速度は110km/h!

この区間は、きついカーブが多い。さらに、建設の際に騒音がひどくなるということで反対運動が盛んだった背景があることもあり、遅い速度になっている。新幹線としてはかなり遅いのは言うまでもない。

全体的に遅い北陸新幹線だが、整備新幹線で定められている基準にも満たない区間が多いのが特徴といえる。

おすすめ記事




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です