東武スカイツリーラインの混雑状況、朝と夕方のラッシュは!?

東武スカイツリーラインの混雑状況について、朝ラッシュは夕方の帰宅の時間帯にはどのくらい激しいのか。急行・区間急行・準急・各駅停車は、それぞれ乗車率はどの程度まで達するのか。




東武本線ともいわれる路線だが、付近に並行して走る鉄道路線がないことから、利用者数は多い。ただ、複々線区間が長いこともあって、列車の運行本数も多い。

一部の電車が直通する東急田園都市線のように、輸送力不足による「超満員」というレベルにはなりにくい。

しかし、朝ラッシュの時間帯は混雑することには変わりない。路線距離も他の私鉄各線と比べると長いため、その分都心と郊外を行き来する乗客の絶対数は多いのは確か。

急行・区間急行が最混雑

東武スカイツリーライン

朝も夕方も、最も混雑が激しいのは「急行」と「区間急行」である。前者は東京メトロ半蔵門線へ直通する電車、後者は浅草駅へ乗り入れる電車となっている。

どちらも、北千住駅以北では主要な駅にしか停車しない。北千住~東武動物公園間は乗車券のみで乗れる最速列車である。

速達列車という位置づけになっているため、遠距離の利用者は急行・区間急行に殺到する。日中の時間帯でも、他の種別と比べて乗車率が高い。最も混雑が激しいのは北千住~西新井間だ。

朝ラッシュでは、上りの乗車率は最大で150%を超えると思われる。西新井~北千住がピークの区間だが、ドア付近は人と人が接するほどになる。しかも、駅のホームでは積み残しが発生する光景もよく見られる。

夕方の時間帯も、下りの急行・区間急行が北千住駅にて満員となる。地下鉄などからの乗り換え客で混雑度が一気に上がる。

地下鉄へ直通する急行はすべて10両編成で運転される一方、区間急行は6・8両編成となっている。そのため、輸送力が小さいのがネックだ。




日比谷線直通の各駅停車

複々線区間を走る各駅停車のほとんどは、北千住駅より東京メトロ日比谷線に直通する。浅草駅に行くダイヤも一部あるが、数はすべての時間帯に渡って圧倒的に少ない。

各駅停車は、急行などの優等列車に比べて乗車率は低い。駅ホームで積み残しが発生することは稀である。ドア付近でも比較的空間に余裕があることが多い。

日比谷線の混雑

出典:www.youtube.com/watch?v=H2GJ0CDzzFY

各駅停車に乗る乗客は、そのまま日比谷線内へ行く人が占めている。東武スカイツリーラインでの最混雑区間は小菅~北千住間だが、日比谷線内ではさらに混雑度が大きくなる。

都心方面へ向かう電車では、最初にまとまった数の乗客が降りていくのは上野駅である。この駅までは、停車駅に着くたびに乗車率が上がっていく。

下りの各駅停車は、日比谷線からの乗客のほとんどが北千住駅で降りる。乗ってくるのは東武スカイツリーラインの小さな駅で降りる人に限られる。

西新井駅より先では座れる機会が増えてくる。混雑するにしても、短い区間のみとなっている。

おすすめ記事




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です