【のぞみ】指定席でも満席になることはある!? それはいつ?

東海道・山陽新幹線の最速列車である「のぞみ」において、満席になることはあるのか。空席がゼロになって、駅の電光掲示板に「×」印が付くような時とは、どんな場合なのか。




平日と土日祝日では混む具合が違う。そして、休日の中でも大型連休となればテレビや新聞のニュースで話題となる「帰省ラッシュ」と「Uターンラッシュ」が起きて、指定席でも満席になる列車が続出する。

指定席では、特急券の料金が自由席より高い値段となっているため、自由席よりは満席になる頻度が少ない。のぞみでは、自由席は3両分しかないため、すぐに満席になる。

のぞみ号に限らず、度の新幹線でも真っ先に空席がゼロになるのは料金の安い自由席からである。

土日祝日は旅行客で混雑

のぞみ

土日祝日の場合、遠くへ出かける旅行客で混雑する。人口が日本一の東京から西へ向かう人でにぎわう。自由席のみならず、指定席も満席になるケースが少なくない。

土曜日の午前中は、下り列車が一番混雑する。のぞみ号は、8~12時頃に東京駅を発車する列車において、満席になりやすい。

この時間帯は本数が多いのは確かだが、利用者数も多いことから、座席の空席が少ない状態が続く。

日曜日の午後になると、今度は上り列車が混雑する。行楽地から首都圏へ帰る人でにぎわう。14~19時頃に各地を出発する列車では、指定席でも土曜日の午前中と同じように満席になりやすい。

月曜日が祝日となる3連休の場合は、さらに混雑が激しくなる。休みが多くなることで、より遠方へ旅する人が増えるため、指定席の空席が通常の土日よりもゼロになりやすい。



隣同士の座席指定はできないかも

のぞみの指定席

休日ということで、家族連れの乗客が多い傾向にある。家族連れは複数の座席を連続して取るが、空席がなくなってくると、1席だけがポツンと残っている状態となる。

1人だけであれば、このような状態で指定席特急券を取っても問題はない。しかし、複数の人で新幹線に乗るとなると、隣同士で座席を確保したいのが本音だろう。空席状況を案内している電光掲示板が「△」印になると、隣同士で座るのは難しい。

新幹線に乗る前日までに指定席の予約を行えば、まだ切符を購入している人がそれほど多くはないため、問題なく希望の列車を選べることが期待できる。

当日に駅の券売機や窓口で指定席の予約を行おうとすると、隣同士での座席確保はできない可能性が高まる。

のぞみは、ひかりやこだまよりも乗客数が多いため、特にこの傾向が強い。もし行きと帰りの時間が前もってわかっているのであれば、早い段階で新幹線の切符を購入するのがおすすめ。

平日はビジネスマンが多いが

一方、平日の場合は出張のビジネスマンが主な客層だ。朝は下り、夕方は上りがどちらかというと混雑するが、休日のような満席になるほど混雑する可能性が低い。

また、休日とは違って事前に新幹線の座席を予約している人が少ない。特に、出張で利用する会社員の人は、当日に駅の券売機や窓口で指定席特急券を購入する人が多い。

さらに、移動距離も長くはない人が主流だ。東京駅から乗る人が降りる駅は名古屋や新大阪がメインである。

山陽新幹線内まで行く人はそれほど多くはないようだ。このため、東京~広島・博多間を走るのぞみでも、空席に余裕があることが多い。新大阪を始発・終点とするのぞみ号と混雑度は同じくらいだ。

おすすめ記事




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です