【東武】特急リバティ・スペーシアの混雑、満席になることは!?

東武鉄道の特急リバティ・スペーシアの混雑状況について、平日と土日祝日それぞれどんな感じになっているのか。座席がすべて満席になるほど利用者が殺到することはあるのか。




JRの特急のような自由席は一切なく、すべて指定席となっている。そのため、座席の予約が満席になると、そこで店員に達する。それ以上は乗ることができない。空席のある列車まで待つか、急行などの普通電車に乗るしかない。

特急リバティとスペーシアはすべて東武日光線を通って栃木・日光・鬼怒川温泉方面へ行き来する。

東武特急

運賃は乗車券と特急券の2つ分の料金がかかる。すべての列車が有料となっているため、他の私鉄のような無料で乗れるものは走っていない。

土日祝日は満席になる可能性大

土日祝日は、特に満席になりやすい。リバティ・スペーシアともに土曜日の朝の午前中は下り列車を中心に混雑する。

浅草駅や北千住駅からの乗る乗客が多い。レジャー客が中心であり、栃木県内の日光や鬼怒川温泉へ行く人で混雑する。

通常の土日の場合、前日の金曜日までには特急券の予約を行っておくのがよいだろう。当日になると、午前中いっぱいは満席の状態が続く可能性がある。

発車直前でも空席が残りやすくなるのは12:00以降に浅草駅を出発する列車となる。それまでの時間帯は、空席が残りにくい。

東武500系

午後になると、今度は上り列車が混雑する。特に日曜日の午後は、東京都内とその周辺へ帰る人で特急の利用者数が多くなる。

同じく、当日に切符を買おうとするとすでに満席のため購入できないケースがよくある。ようやく空席が目立ってくるのは、東武日光や鬼怒川温泉を18時頃に出発する列車となる。

土日祝日の他に、大型連休の時期となるとさらに混雑が激しくなる。行楽地へ足を運ぶ人に加えて、田舎へ帰省する人も利用する。普段よりも満席になりやすい。



平日は空席が多い

一方、平日の場合は満席が続出するほど混雑することはあまりない。混雑がやや大きくなるのは夕方の下り列車くらいである。利用者層については、長い距離を使う人はあまりいない。通勤で使う人が多いようだ。

夕方から夜にかけての帰宅ラッシュの時間帯では、近距離利用者向けのライナー列車も運転されている。特急けごん・きぬのような栃木県内まで走る列車よりも、ライナーの方が利用者の数は多く感じる。

通勤電車が1日の中で最も混雑する朝ラッシュの時間帯となる7時台・8時台は特急はほとんど走っていない。運転ダイヤの都合上、通過駅の多い特急を走らせられる余裕がないため、この時間帯は東武スカイツリーラインの区間では避けられている。

したがって、朝の通勤手段として使う人は少ない。その上、行楽地へ行く人が少ないため、1日を通して特急リバティ・スペーシアを使う人は多くはない。

おすすめ記事




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です