つくばエクスプレスの混雑状況とは!? 朝ラッシュの実態とは?

つくばエクスプレスにおける混雑とは、どのくらい激しいものなのか。朝ラッシュの7時~8時半までの時間帯では、どの程度満員になるのか。




当然ながら、秋葉原方面の上り電車が朝は混雑が激しくなる。沿線に住む人々がつくばエクスプレスの電車に乗って通勤通学し、新しい路線ではあるが、空いているわけでは決してない。

つくばエクスプレス

国土交通省から発表されている鉄道路線の混雑率では、つくばエクスプレスは最大で160%前後という数値が出ている。立っていると、車内ではやや圧迫感を感じるというレベルだ。

乗客の総数は他の都心直結の路線に比べると少ないものの、つくばエクスプレスでは6両編成で運転されている。10両編成が主流である首都圏の中では輸送力は低い方に入る。

通勤快速・区間快速は大混雑

  • 流山おおたかの森→北千住が混雑
  • 乗車率は180%くらいの感じ

朝の時間帯に運転されているのは、通勤快速・区間快速・各駅停車の3種類となっている。日中の最速列車の快速は、この時間帯は運転されていない。

通過駅の設定があるため、通勤快速・区間快速は乗客が殺到しやすい。いずれも流山おおたかの森駅にて選考する各駅停車と接続して追い越すが、各停から快速系の電車に乗り換える人が多い。

流山おおたかの森を出発する頃には、車内ではスマホの操作がやっとできるようなレベルの混雑度になる。ドア付近だと、結構窮屈感を感じるだろう。

快速が止まらない三郷中央駅・八潮駅にも停車するが、この駅からもさらに乗客が流れ込む。

そして、八潮→北千住の区間は大混雑となる。立っている人は誰もが窮屈感を感じるだろう。積み残しが発生するほどではないものの、首都圏の都心直結型の路線ならではの混み具合となるのは確か。

通勤快速・区間快速に限っては、乗車率は180%くらいになるのではないかと思う。ドア付近だと完全に他の人と体が触れ合うというレベルである。



各駅停車は混雑区間が短い

一方の各駅停車については、通勤快速・区間快速と比較すると空いている。主な利用者層は、快速系には抜かれない流山セントラルパーク以南の地域の駅を乗り降りする人である。

流山おおたかの森駅からつくば側では、後続の列車に抜かれるダイヤが多いため、朝ラッシュでもそれほど混雑はしない。

しかし、それでも混雑する区間はある。南流山駅から秋葉原側ではかなり混雑する。乗車率も150%程度にはなると思う。

朝ラッシュのつくばエクスプレス

出典:www.youtube.com/watch?v=VWtr9BsjQk0

ドア付近だと人と人が少し接するほどの混み具合であり、スマホの操作がやっとできるというような感覚だ。

最も混雑が激しいのは青井→北千住の区間だ。北千住駅は、つくばエクスプレスの終点ではないものの、東京メトロ千代田線、日比谷線、東武スカイツリーライン、JR常磐線との乗り換え駅であり、他路線へ移動する乗客が一気に降りていく。

北千住→秋葉原は比較的空いている。これは、各駅停車でも通勤快速や区間快速でも同じだ。

おすすめ記事




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です