【東京メトロ】混雑度ランキング! 乗車率はどの路線が低い?

東京メトロの朝ラッシュの混雑度は各路線によって大きく異なる。すし詰めになるほどの超満員電車になるところもあれば、空間に余裕があって比較的空いている路線もある。





今回は東京メトロの地下鉄路線を対象として、混雑ランキングを作成した。首都圏ならではの混雑率はどの路線でも大きいが、それでも差が見られる。

東京メトロの混雑ランキング

順位 路線名 混雑度
1 東西線 200%
2 千代田線 178%
3 半蔵門線 170%
4 丸ノ内線 161%
5 有楽町線 159%
6 銀座線 157%
7 日比谷線 155%
8 南北線 153%
9 副都心線 146%

第1位は、やはり朝ラッシュの混雑が地獄のようだと有名な東西線が君臨。混雑率は199%で、全国トップにもランクインする。

超満員電車として有名な東急田園都市線や中央総武線各駅停車よりも高い数値を記録している。朝は各駅停車に加えて通勤快速も運転されているが、乗車率はどちらも同じくらいである。

第2位は、千代田線がランクイン。相互直通運転を行っているJR常磐緩行線からの乗客が千代田線を使う人が多いことに加えて、北千住駅にて東武スカイツリーライン、つくばエクスプレス、JR常磐線快速からの乗り換え客が殺到する。

北千住駅→大手町駅までは千代田線の方が半蔵門線経由よりも所要時間が短い。そのため、千代田線の乗車率が高くなる要因となっている。代々木上原駅側よりも混雑が激しい。

第3位の半蔵門線は、渋谷寄りの混雑が激しい。首都圏でもトップクラスの混雑度を誇る東急田園都市線と相互直通運転を行っているため、半蔵門線の利用者数も多くなっているようだ。

一方、副都心線や南北線では比較的空いている。比較的新しい路線であり、走っている地域も主要な場所ではないこともあり、混雑度は高くない。

特に副都心線に関しては、全線を通じてJR山手線と並行して走っている。利便性や輸送力ではJRの方が優勢のため、東京メトロ側はそれほど乗客が殺到していない。




混雑の要因は何?

東西線や千代田線、半蔵門線では、なぜすし詰め状態になるほど毎朝混雑しているのか。

いずれの路線も、他社線との相互直通運転を行っている。直通先の郊外からの乗客が多数いるのは確かな事実である。しかし、代替手段がないわけではない。

東西線はJR総武線や京葉線、都営新宿線と並行して走っている。千代田線は半蔵門線、日比谷線、JR常磐快速線が通っている。半蔵門線の渋谷寄りでも銀座線などがある。

このように、混雑を避けられる代替手段は確保されている。完全に地域を独占しているような構図にはなっていない。

ただ、いずれも利便性は高い。所要時間や乗り換えの手間が少なく、毎日の通勤通学には最適な条件となっている。

特に、東西線は千葉方面から都心へのアクセス手段としてはどの路線よりも良い。加えて、運賃の面でも好条件となっている。

JRや都営地下鉄よりも運賃が安いため、直通する東葉高速鉄道や西船橋駅~津田沼駅間のJR線のみならず、千葉駅寄りのJR総武線などからも西船橋駅で東西線へ乗り換える人が多い。

利便性が高ければ高いほど、朝ラッシュの混雑度は大きい。その結果、すし詰めの地獄の路線が存在しているといえる。

おすすめ記事