新横浜駅からでも新幹線の自由席は座れる!? 空席はあるのか?

東海道新幹線の新横浜駅からでも自由席に座れるのか。のぞみ・ひかりでも空席は残っている可能性がどのくらいになるのか。満席でまったく空いていない場合とは、具体的にいつ頃なのか。




東京駅始発であるが、途中で品川駅にも全列車停車する。新横浜駅になると、さすがに自由席だと満席になっていることが少なくない。

名古屋駅や京都駅と同じように、のぞみだと最悪の場合は3人掛けの真ん中の席でさえも空いていないことがある。

新横浜駅の自由席

新横浜駅では、下り線では降りる人はほとんどいない。東京→新横浜間だけを新幹線で移動する人もいることはいるものの、ごく少数派である。しかも、この区間であればより空席があるこだま号を使う。

平日の自由席は比較的空いている

のぞみでもひかりでも、平日であれば比較的空いている。新横浜駅からであっても自由席に座れる可能性が高い。

とはいえ、A席とE席は間違いなくすでに埋まっている。ここは、始発駅である東京駅から乗る人が真っ先に確保する座席であることから、途中駅からだとほぼ不可能である。仮に数席残っていたとしても、東京駅の次の品川駅で埋まる。

新横浜駅だと、狙えるのはB席とC席、D席であるが、B席だと両隣に知らない他人が座っていることになるため、決して良い場所とは言えない。

のぞみの自由席

最も、平日であれば日中ならC席とD席のどちらかは空いていると思ってよい。10時~16時頃の時間帯なら、指定席を取る必要はないだろう。

ただし、朝と夕方はやや満席に近い状態になる。新横浜駅からだと、のぞみもひかりもC席もD席も満席になっていることが少なくない。特に、のぞみの広島行と博多行ではとても混雑する。

また、夏休みや冬休み、春休みのシーズンでは、たとえ平日であっても混雑する傾向にある。子供が学校がない長期休みの時期は、旅行客が増えるためである。




土日祝日は満席が前提

土日祝日はのぞみでもひかりでも、新横浜駅の時点ではもう満席になっていることが多い。特に個人客は自由席を好む傾向があり、土日祝日は旅行で新幹線を使う人が多くなる。

2人以上で新幹線に乗る人が多くなる日でもあるため、2人掛けの座席はD席・E席ともに同時に埋まることが多い。3人掛けのA席・B席・C席でも、同じように2人または3人のところが同時に埋まることが多い。

残った席があっても、品川駅で満杯になってしまう。そして、新横浜駅ではもう残っている空席がないということになる。

土日祝日はほぼ終日に渡って混雑している。新横浜駅でも自由席に空席があるのは早朝と夜遅くのどちらかだけである。

なお、ひかり号であればのぞみ号と比べるとやや空席が残っている可能性が高い。これは、ひかりの自由席が1~5号車となっているのに対して、のぞみは1~3号車までとなっているためである。

ひかりは自由席の車両が5両あるが、のぞみは3両分しかない。このため、もしあまり急いでいないのであれば、新横浜駅から乗るのであればひかりを狙うのが良いかもしれいない。

おすすめ記事