のぞみの自由席、京都駅からでも座れる!? 空席はあるのか?

東海道新幹線の京都駅から乗車する場合、のぞみの自由席に座れる可能性はどのくらいなのか。空席がある時、満席で座れない時とは具体的にそれぞれいつ頃が該当するのか。上り、下りともに感じた結果について解説しよう。




上り列車の場合、のぞみでは山陽新幹線からの直通列車と新大阪駅始発の列車の2パターンがある。当然ながら、新大阪駅始発ののぞみ号を狙うのが良いだろう。博多駅・広島駅始発だと座れない可能性が極めて高いのは想像がつく。

下りの場合、新大阪駅止まりののぞみ号なら座れる可能性が大きい。博多行と広島行だと、難易度が高くなる。

のぞみの自由席

京都駅は途中駅ということで、自由席の席取りは難しいことには変わりない。名古屋駅や新横浜駅の場合と同じ状態である。

上りの空席はどのくらいある?

のぞみ号の自由席は1~3号車までしかないため、そもそもの車両数が少ない。混雑する時間帯となれば、真っ先に自由席が満席となる。

とはいえ、京都駅からでも座れる可能性はゼロではない。平日の場合は、概ね1日中どこかに空席が残っていることが多い。

新大阪始発であれば、B席・C席・D席のいずれかが空いている。窓側のA席とE席については、新大阪駅を発車する時点で誰かが座っていることが多く、京都駅から乗る場合は狙えない。

しかし、通路側であれば空席となっている確率が高い。平日の利用者層はビジネスマンが中心のため、指定席を使う人が多い。そんな事情から、自由席もそれほど混雑はしない。

一方の土日祝日の場合、京都駅からだと座れない可能性が大きい。休みの日は複数の人で新幹線に乗る例が多いことから、通路側の座席でも誰かが座っていることが多い。

しかも、個人で新幹線に乗る人は自由席を真っ先に検討することが多い。より交通費を安く済ませないという考えから、始発駅で自由席が満席となりやすい。そのため、途中駅である京都駅からだと、座れないことが多い。

新大阪始発ののぞみであっても、新大阪駅を出発する時点ですべて埋まっている時間帯が多いのが、土日祝日の特徴である。



下りは新大阪駅で乗り換えるのが良い

下りののぞみ号の自由席を狙いたいのであれば、新大阪駅止まりの列車に乗り、新大阪駅にてみずほ・さくらに乗ることをおすすめする。

のぞみの博多・広島方面へ向かう山陽新幹線直通列車の場合、自由席はほとんど埋まっていることが多い。平日だと、やや空いている可能性が高いが、それでも新大阪駅止まりののぞみ号よりは混雑している。

平日だと、B席・C席・D席のどこかは空いている可能性が大きい。朝でも夕方でも完全に満席となっていることはあまりない。

空席がない京都駅からの自由席

しかし、土日の場合はそうはいかない。京都駅で自由席から降りていく人がいたとしても、名古屋駅から乗ってきた人で座れなくてやむを得ず立っていた人が今後は座る。京都駅から乗ると、新大阪駅までだが座れないと考えた方がよいだろう。

なお、新大阪駅ではまとまった数の乗客が降りていく。そのため、京都駅では座れなかったとしても、新大阪駅に到着する頃には座れる。

ところで、新大阪駅は九州新幹線直通のみずほ・さくらの始発駅となっている。いずれも、山陽新幹線内ではのぞみと同じくらい通過駅が多くて停車駅が少ない。

京都駅から新幹線に乗るのであれば、新大阪行の列車に乗り、みずほ・さくらに乗り換えるという乗り方が、座れる可能性が一番高い。

なお、京都駅から乗るのではなく、新大阪駅から新幹線に乗るというルートも1つの選択肢ではないか。京都~新大阪はJR京都線(東海道本線)の新快速や快速で移動し、在来席から新幹線に乗り換えれば、新大阪始発の自由席が狙える。

おすすめ記事