九州新幹線にWi-Fiはないのか!? N700系でも使えない?

九州新幹線にはWi-Fi(無線LAN)が付いていない。山陽新幹線へ乗り入れるみずほ・さくらはN700系で運転されているものの、鹿児島中央~博多~新大阪のすべての区間でWi-Fiが未設置となっている。




同じ新幹線でも、東海道新幹線ではN700系であればすべてでWi-Fiが使える。JR東日本が管轄している東北新幹線でも、一部の列車で無料Wi-Fiが提供されていて、今後は上越新幹線、北陸新幹線にも順次導入される予定となっている。

一方で、JR九州が管轄している九州新幹線、JR西日本が管轄している山陽新幹線では、今のところはWi-Fiが設置されていない。

九州新幹線

なぜ、同じ新幹線でも車内のWi-Fi環境にこれほどの差がみられるのか。

九州新幹線は利用者の総数が少ないから

九州新幹線の場合、他の新幹線路線と比べると利用者の総数が少ない。これが、N700系であっても簡単にWi-Fi環境を整備できない理由ではないか。

東海道新幹線は、東京~新大阪間を結んでいることから、日本の中核都市を行き来していて乗客はかなりの数になる。

東北・上越・北陸新幹線は、それほど乗客数は多くないものの、それでも首都東京へ乗り入れていることもあって、Wi-Fiの需要はあるようだ。

また、JR管轄しているため、設備に回せる予算にも余裕がある。首都圏の在来線も管轄しているため、経営状況はかなり良好で、無線LANサービスに簡単に投資できていると考えられる。

一方、JR九州はあまり経営状態は良くない。九州新幹線も開業してまだ歴史が浅いため、建設費の借金が多く残っている。

もちろん、黒字であり決して赤字の状態ではない。しかし、それでもWi-Fiの環境まで設置できるほどの余裕はないと考えられる。



今度は導入されるかも

九州新幹線では、今のところはWi-Fiが付いていないものの、近い将来には導入される可能性はある。

Wi-Fi

近年はスマホの急速な普及によって、鉄道の車内でもWi-Fi環境が重要視されるようになってきた。九州新幹線は、まだ無線LAN設備では後発組に入り、整備には慎重な傾向が見られる。

しかし、今は多くの鉄道会社で少なからずWi-Fiの整備を検討しているところが多い。将来的には、JR九州の各線でも導入されるだろう。

その代表的な存在である九州新幹線なら、真っ先にWi-Fi環境の導入対象となる可能性が大きい。

おすすめ記事