日立製作所に学歴フィルターはある? どこの大学が優勢!?

日立製作所の採用には「学歴フィルター」は存在するのだろうか。採用実績校で難関大学がほとんどを占めているような企業なのか、それとも偏差値やブランドにこだわることなく人物重視で選考されるのか。




業界の傾向として、製造業では大手企業を中心に難関大学の学生にとって有利になる一方で、偏差値が低い大学となると劣勢に立たされるところが多い。

日立製作所

文系学生でも理系学生でも、有名な大学を出ている人の方が、特に書類選考の段階で通過率に違うが出てくるようだ。学校の名前だけで面接にさえ進めないということも見受けられる。

厳しい学歴フィルターはないが…

日立製作所においては、採用人数が500人を超えるということから、人数が少ない会社と比較するとそれほど学歴フィルターの傾向は強いとは言えない。

大半が難関大学出身者というわけでは決してない。偏差値上で中堅以下の大学を卒業としている人も一定数はいる。

しかし、どちらかというと有名な大学を出ている人の方が多いことには変わりない。人物重視で採用を行っていると思われるものの、それでも主流派を見ると一流大学出身者といえる。

学歴フィルター

どうしても、統計的には偏差値が高い大学の学生の方がそうではない人よりも人物面でも高い評価を受ける。ESの内容や面接での受け答えでも、学力に優れる学生の方が質が良い。

これが、結果的に学歴フィルターが潜在するのではないかと思えるような選考結果となる。それでも、大学名によって選考で不利になるという要素があるわけではなく、だれにでも平等なチャンスがあるといえる。

逆に、東大や京大のような最難関大学に所属するからといって簡単に日立製作所に入社できるわけではない。いくら頭が良くても企業側にとってメリットがなければ内定をもらうのは難しい。




理系の場合は大学によってはやや有利かも

ただし、理系の学生については大学によってやや有利になる可能性はある。工学系の学部学科に所属している場合、学校での研究内容と日立製作所の事業内容が一致する場合は、それが選考で優勢に働くかもしれない。

超大手企業の日立製作所では、いくつかの難関大学と共同で研究を行っている。その分野に携わっている学生であれば、日立製作所への入社が好まれるケースが少なくない。

研究室とのつながりもあるかもしれない。そうなると、不採用となる確率は一気に下がる。該当する学生にとっては、日立製作所への就職難易度は他の学生よりも大幅に下がるだろう。

文系学生とは違った選考基準があるのも、理系学生向けの技術職の特徴といえるかもしれない。

おすすめ記事