鉄道会社への就職に「学歴フィルター」はあるって本当か!?

鉄道会社への就職の採用選考では「学歴フィルター」が潜在するという見方が大きい。JRや私鉄各社では、中でも総合職と呼ばれる職種では大学名によって有利不利が決まる可能性がある。




新卒採用の世界では、大手企業を中心に学歴フィルターが少なからずある。大学の名前によって、書類が通過できたり落ちたりする制度で、学校の名称だけで合否は決まるシステムのことを指す。

最近は人物重視の選考を行う企業が増えてきたことで、大学の偏差値やネームバリューが就活に与える影響は少なくなってきたようだが、それでも未だに根強く残っているのも否定はできない。

鉄道業界の総合職は学歴フィルター重視

そんな中でも鉄道業界では、学歴フィルターが残る業界の1つとなっている。インフラ企業全体に言える共通点ではあるが、大学の名前によって面接に進めるか進めないかが決まるかもしれない。

学歴フィルターのある鉄道会社

鉄道会社の総合職の採用では、このような学歴フィルターの基準が適用されると考えられる。

一般的に、偏差値が高い大学に所属する学生ほど書類選考の際にESが通る可能性が大きい。国公立大であれば東大、京大などをはじめとする旧帝大、私立大であれば慶應義塾、早稲田、上智などがこれに当てはまる。

地方の国立大やMARCH、関関同立クラスでも学歴フィルターの基準ラインを超えているとみなされる場合が多い。

一方でそれ未満の偏差値の大学となると、学歴フィルターの基準としては不十分なケースが少なくない。中堅以下になると内定がもらえるのが完全ゼロというわけではないものの、内定者全体の割合で見ると少数派となることが多い。

日東駒専、産近甲龍クラスの中でも、日本大学と近畿大学は学生数が全国トップクラスを誇るものの、学歴フィルターのある鉄道会社の中では少数派となっている。

主流派に着目すると、やはり旧帝大や早慶上智を出身としている社員が多い傾向にある。



現業職には学歴フィルターはない

鉄道会社への就職の際に学歴フィルターがあるのは、ほとんどの企業では総合職のみである。現業職と呼ばれる職種では、このような傾向はあまり見られない。学校の偏差値やネームバリューに関係なく採用選考が行われることが多い。

駅員、運転士、車掌はこの現業職に当たる。保線や列車の運行設備の保守点検に携わる社員もこれに該当する。

鉄道業界の現業職

大学の名前が重要視されるのは、本社勤務が中心となる総合職で、鉄道会社でも様々な事業分野の仕事を行う職種というわけだ。出世スピードも速く、転勤も多い。

現業職は、主に現場の第一線で活躍する職種である。転居を伴う異動は積極的には行われない。出世のスピードも総合職ほどではない。

採用人数においても、現業職の方が多い。選考基準が違うこともあり、こちらでは学歴フィルターがないと考えてよいだろう。

なお、現業職でも総合職でも正規雇用であることには変わりない。正社員ということで、決して非正規雇用者というわけではない。

もし鉄道会社を狙っているが、所属する大学があまりレベルの高いところでないのであれば、現業職を受けてみるのもよいかもしれない。内定者の学校のレベルに差があるとはいっても、仕事の重要性については優劣があるわけではない。

おすすめ記事