東急東横線の夕方の帰宅ラッシュ、どれくらい混雑するのか!?

東急東横線の夕方の帰宅ラッシュの混雑について、具体的にどのくらい混雑するのか。平日は通勤特急・急行・各駅停車の3つの種別が運転されている。




通勤通学で乗客が最も殺到するのは18~20時の時間帯である。この時間帯となると、上下線のどちらの方向の電車も満員電車となる。

東急東横線では、みなとみらい線のほかに渋谷駅から東京メトロ副都心線などと相互直通運転を行っている。起点である渋谷駅や横浜駅から乗っても座れる可能性が低い。

通勤特急が最混雑、下りは完全に満員

東横線の夕ラッシュ

東急東横線の夕方から夜にかけての最速列車は通勤特急。停車駅が少ないこともあり、長い距離を移動する人はこれに殺到する傾向にある。

そんなことから、最も混雑が激しいのは言うまでもなく通勤特急となっている。乗車率は軽く100%を超える。一部の時間帯では乗車率は150%程度まで達すると思われる。

ドア付近に立つと他の人と接する可能性がある。さらに、ドアに挟まる人も数人出てくるかもしれない。押し屋が必要なほどではないものの、朝と変わらないくらいの混み具合となる。

最も混雑するのは、中目黒→自由が丘である。下りは都心から郊外の自宅へ帰る人でいっぱいになる。中目黒駅では日比谷線からの乗客が合流するため、次の自由が丘駅まで超満員となりやすい。

東急大井町線

自由が丘駅は東急大井町線との乗り換え駅となっていることもあり、降りていく人が多い。この駅を出ると、ようやく混雑が和らいでいく。

急行は、停車駅は各停よりは少ないものの、特急系よりは多い。ただ、通勤特急を含めた列車の通過待ちはないため、遠距離利用者を中心に殺到しやすい。

乗車率は、18~20時の時間帯では同じく100%は軽く超える。しかも、急行の場合は10両編成の電車と8両編成の電車が入れ混ざっている。

8両編成だと短くて輸送力が不足している感じがする。混雑は10両編成の時よりも激しくなるだろう。最も混雑するのは同じく中目黒→学芸大学→自由が丘の区間となっている。




上りも自由が丘→中目黒が混雑

東急東横線の場合、上り側は渋谷駅だが、下り側にも横浜駅という巨大な駅がある。横浜方面から都心方面へ向かう人も多い。夕方の帰宅ラッシュも例外ではない。

他の路線だと、帰宅時間帯では上りは空いているケースが多い。しかし、東横線は上下線ともに満員電車となる。

東横線の急行

下りと同じく、上りも通勤特急が一番混む。乗車率は100%を超えるだろう。最混雑区間は自由が丘→中目黒の区間となっている。

自由が丘駅では、東急大井町からの乗り換え客が殺到する。しかも、自由が丘では緩急接続が行われる。通勤特急と各駅停車が連絡されるため、各停からの乗り換え客も多く乗ってくる。

そんな事情から、通勤特急では始発駅を除いて座れる機会が少ない。なお、菊名駅と武蔵小杉駅でもまとまった乗客の入れ替えが起きる。降りていく人は多いが、乗ってくる人も多い。

急行については、通勤特急ほどではないが同じく混雑は激しい。ただし、途中駅で降りる人も少なくはない。座れる機会に出会えることはある。他の路線との乗り換え駅に到着する時点がチャンスだ。

各駅停車は、優等列車を補完する役割となっている。速達列車が止まらない小さな駅を利用する人が利用者の中心のため、途中駅で座れる可能性が大きい。自由が丘駅や菊名駅はねらい目である。

おすすめ記事