【出身大学】三菱東京UFJ銀行の採用、学歴フィルターはある!?

三菱東京UFJ銀行の採用では出身大学名によって就職選考で有利不利となる「学歴フィルター」の存在があるという見方がよくされる。




大手都市銀行(メガバンク)の1行ということで、大卒及び院卒向けの就活市場では人気の企業の1つとなっているのは言うまでもない。

総合職、特定総合職、アソシエイト職の3種類のコースが新卒向けでは用意されている。応募する際にはこれらのどれか選んだ上でエントリーシートを提出することとなる。

ESを提供すると、書類選考へと進む。この時、今回のテーマである学歴フィルターが発動する可能性が高いといわれている。

偏差値が高い大学でないと面接まで進めないというのが、学歴フィルターの特徴である。

有名な難関大学出身者が多い

三菱東京UFJ銀行の採用では、全体的に見ると偏差値が高くて有名な大学を出身としている人が多い。

特に総合職だと、全国や海外への転勤がある・なしに関わらずレベルの高いところの学生が大きな割合を占めている。

国立大であれば、東大・京大などの旧帝大クラスと地区での難関大。私立大だと慶應・早稲田・上智のようなところが主流となっている。地方の国立大やMARCH、関関同立クラスも多い。

学歴フィルター

大学別で見ると、このくらいのランクまでがほとんどを占めている。それ以外の中堅以下の大学となると、一気に少ないというイメージが強い。

MARCHや関関同立クラスのようなレベルがやや高いといえる大学でも、在籍する学生の数から考えると、三菱東京UFJ銀行から内定がもらえている人は少ない感じがする。

学力のある学生を好んでいるといえる。したがって、学歴フィルターの存在の可能性はかなり大きい。

どのような基準で合否が判断されているかは公表されていないため不明だが、それでも出身大学は重要な要素なのは確かだろう。




文系・理系は関係あるか?

銀行の場合、社員の大学時代の学部学科を見ると文系が圧倒的に多い。もちろん、理系も少なくはないものの、多数派でいうと文科系のことを学んできた人が主流。

メガバンクである三菱東京UFJ銀行においても、新卒採用では文系の学部の所属する人が主流となっている。

支店で勤務しているのは文系が大多数。本店でも事務的な仕事に携わっている人は文系が中心。理系出身の社員は少数派。

理系の採用

一方、情報システムや金融工学の分野に携わる人は理系出身の場合が多い。専門的な知識が初めから必要とする業務内容のため、特に情報工学や金融工学系の学部学科に所属していた社員が多い。

採用選考でもまた、このような分野を勉強している学生にとっては有利になり、内定までの道が近くなるだろう。

工学系の場合、大学名による学歴フィルターのハードルは少し下がる。旧帝大や早慶上智クラスでない場合でも、入社できる確率はアップする。

おすすめ記事