武蔵野線の夕方の帰宅ラッシュ、どれくらい混雑する!?

JR武蔵野線の夕方から夜にかけての帰宅ラッシュの混雑について、具体的に電車の混み具合はどの程度になるのか。区間ごとに見てみよう。




まとまった数の乗客が降りていき、座席に座れるような駅はどこなのか。

武蔵野線は府中本町から西船橋より南船橋・海浜幕張方面へ行く電車と東京駅まで乗り入れる電車の2パターンがある。

いずれも夕方の帰宅ラッシュの時間帯となると混雑して立っている人の方が多い状態になることには変わりない。ただ、多少は乗車率には違いがみられる。

東京発府中本町行が最も混雑

武蔵野線

京葉線の東京駅発の武蔵野線が、線内では最も混雑が激しい。東京駅や新木場駅から多数の乗客が乗ってくる。さらに、東京ディズニーリゾートの最寄り駅である舞浜駅からも乗客が乗ってくる。

西船橋駅を出発する時点が最も混雑する。ここでは、さらにJR総武線や地下鉄東西線からも乗客が乗り換えてくる。

したがって、西船橋→船橋法典間が夕ラッシュの最混雑区間となっている。ここからはしばらくの間は降りていく一方となる。

ただ、武蔵野線は都心から放射状に郊外へ延びる通勤路線とは違って、首都圏をぐるっと回るような路線である。

途中にはいくつもの乗り換え駅が存在する。そうした乗り換え駅ではまとまった数の乗客の入れ替えが起きるのと同時に、大量の乗客が乗ってくる。再び混雑が激化するところが複数点あるのが特徴。

武蔵野線は主に他のJR線との乗り換え駅で、再び大量の乗客が乗ってくる。新松戸・南浦和・武蔵浦和・西国分寺がその例である。




西船橋・新松戸・南浦和・武蔵浦和から大量に乗ってくる

西船橋・新松戸・南浦和・武蔵浦和の4駅では、まとまった数の乗客が降りていくものの、夕方の時間帯はそれ以上に多数の乗客が乗ってくる。

再び車内は満員電車となり、乗車率も100%を超えるところが多い。しかも、上下線問わずどちらの方向も混雑する。目安として、100~150%の乗車率となる。

武蔵野線はどちらかが都心方面へ向かうというわけではない。東京駅発着もあるが、こちらは京葉線へ乗り入れて都心とを行き来しているため、武蔵野線単体というわけではない。

JR線と接続する主要駅は、すでに乗っている場合には座席に座るチャンスである。まとまった数の乗客が入れ替わるため、座りたいのであれば狙い目である。

これを逃すとまた長い時間座れない状態が続くだろう。乗車率が再度アップするため、このタイミングで座りたいところだ。




京葉線内はどのくらい混雑する?

武蔵野線のほとんどは京葉線と行き来する。全体の半分は東京駅方面と、残りの半分は南船橋または海浜幕張方面と行き来している。

南船橋方面では、夕方の時間帯となれば満員電車になるのは確かだが、それでもやや余裕が見られる。ドア付近でも人と人が接するほど混み合うことはあまりない。

舞浜駅で混雑する武蔵野線

一方の東京駅方面の場合は混雑が激しくなる傾向にある。始発駅の東京駅、東京メトロ有楽町線とりんかい線との乗り換え駅である新木場駅、そして東京ディズニーリゾートのある舞浜駅から大量に乗客が乗ってくる。

特に舞浜駅からは夜遅い時間帯になっても大勢の乗客が乗ってくる。「ディズニーラッシュ」の影響は武蔵野線内へも大きく残る。

舞浜駅から武蔵野線の府中本町方面へ行く電車は、ドア付近だと人と人が接するくらいまで混雑することが多い。特に土日祝日の混み具合がひどい傾向にある。

おすすめ記事