中央線快速にトイレがない! なぜ距離が長いのに設置なし?

JR中央線快速の東京~高尾間で運転される電車にはトイレが設置されていない。都市型路線という性質となっていて、10両編成のオレンジ色のE233系には今のところまったく御手洗がない。




都心部から放射状に延びる近郊路線の場合、通常はトイレが普通列車でも付いているのが基本である。

東海道線、総武線、常磐線、宇都宮線、高崎線ではいずれもトイレが付いている。グリーン車が連結されている路線には絶対100%に付いている。

トイレがない中央線快速

中央線快速で運転されているオレンジ色のE233系は、大月駅まで乗り入れるダイヤもある。東京→大月間の距離は87.8kmと近郊路線並みの長さがある。

東京→高尾間でも53.1kmある。同じく都市部限定の路線という長さではない。しかし、快速線を走る電車にはトイレがない。

なぜ中央線快速だけトイレなし?

中央線快速は、他の路線とは違い点がある。それは、近距離電車となっている点である。

東海道線や東北本線(宇都宮線)、高崎線、総武線快速などは「中距離電車」と呼ばれる近郊路線である。

中央線の場合、東京~高尾間では中距離普通電車はまったく走っていない。乗車券のみで乗れる電車はすべて快速となっている。

中央線快速のE233系

快速として運転されるオレンジ色のE233系は完全に都市部輸送に特化した車両となっている。そのため、トイレがまったく設置されていない。

これまでグリーン車がまったくなかったのも、中央線快速は都市部の路線という性質があったためである。




グリーン車が連結されたらトイレ設置

ところで、JR中央線では今後E233系にグリーン車が連結される予定となっている。これにより、従来の10両から12両編成と増結される見込みとなっている。

グリーン車が連結された場合、同時にトイレも設置される。2階建てのグリーン車の部分では御手洗の設備が付く。

ロングシートとなっている普通車には今のところ追加でトイレが設置される計画はないようだが、グリーン車に限れば整備されるのは確実のようだ。

グリーン車

なお、グリーン券がない人でもトイレのためだけならグリーン車へ移動して使うことができる。

ただ、朝ラッシュ時は普通車とは締め切りとなるため、走行中の移動はできない。デッキで立ち乗りしている場合でもグリーン券の購入が求められるため、長く乗るわけにはいかない。

これまで長年中距離電車という性質がまったくなかった東京都内の中央線だが、今後は近距離輸送ならではの要素も出てくる。

おすすめ記事