中央線快速の夕方・夜の混雑、帰宅ラッシュの混み具合とは!?

JR中央線快速の帰宅ラッシュはどのくらいの混雑の規模となるのか。18時以降の夕方から夜にかけての時間帯において、混み具合について取り上げる。




中央線快速の平日の帰宅ラッシュの時間帯は、ふつうの快速、中央特快、通勤快速の3種類が運転されている。

朝は上りが大混雑するのに対して、夕方以降は下りの高尾方面へ向かう電車が激しく混雑するのは言うまでもない。

夕方の帰宅ラッシュの中央線快速

ただ、朝は単なる「快速」だけが運転されているのに対して、夕方は日中と同じように特別快速(中央特快)が運転されている。

加えて通勤快速という種別も走っていて、優等列車が豊富にあるのが特徴である。そんなダイヤから、同じ中央線快速でも列車によって混雑する区間や乗車率はやや異なる。

ふつうの「快速」は立川まで混雑

ふつうの快速の場合、混雑するのは立川駅辺りまでである。その先の高尾方面については、比較的空いている。

座席はすべて満席となっていることが少なくないものの、それでも乗客は降りていく一方になるため、座れる機会が多い。

中央線快速の始発駅である東京駅の時点ですでに満席だが、ここでは並べば簡単に座れる。新宿駅で大量の乗客が乗ってくる。

新宿→中野が帰宅ラッシュの最混雑区間となっている。ここでは、乗車率は150%近くにはなると感じられる。正式なデータはないが、ドア付近だと他の人と接することが少なくないというレベルだ。

この駅を過ぎると次第に乗車率は下がっていく。乗車客がいても降車客の方が多いと考えてよい。

夕方と夜の場合、快速は近距離利用者が多い。長距離利用者は停車駅の少ない中央特快や通勤快速に流れるため、回転率は良い。




中央特快・通勤快速はほぼ全区間混雑

停車駅が少なく抑えられている中央特快と通勤快速に関しては、ふつうの快速と比べると混雑が続く区間が長い。

遠距離利用者がこれらに集中するため、すでに乗っている乗客はなかなか降りない。ほとんどの電車の終点は高尾駅だが、東京→高尾間のほぼ全区間で満員電車の状態が続くことが多い。

中央特快

中央特快も通勤快速も立川以西は各駅に停車する。ふつうの快速と停車駅が同じだが、これらも同じく立川駅を過ぎると乗客は降りていく一方となる。

しかし、高尾駅から先の山梨県側へ向かう人も乗っていることから、大量に降りていって100%確実に座れるというレベルではない。

ただし、乗車率の最大値はふつうの快速と同じくらいである。最も混雑が激しい新宿→中野間でも150%程度である。あくまでも回転率が悪いというわけだ。




夕ラッシュの区間別の混雑度

区間 快速 中央特快・通勤快速
御茶ノ水→新宿 ■■■□□ ■■■□□
新宿→中野 ■■■■■ ■■■■■
中野→三鷹 ■■■■■ ■■■■■
三鷹→立川 ■■■■□ ■■■■□
立川→八王子 ■■□□□ ■■■■□
八王子→高尾 ■□□□□ ■■□□□

新宿駅では、下り電車でも降りていく人は一定数はいる。しかし、それ以上に大量の乗客が乗ってくる。

東京~新宿間にて座れない場合には、そこから先もしばらくは座れないと考えてよい。立川駅を過ぎるとようやく座れる可能性が高まる。

三鷹~立川間でも降りていく一方となるのは確かだが、まだ乗客が多い区間である。座席が空いてもすぐに他の人に取られてしまうことが多い。

行き先として、夕方と夜は武蔵小金井行や立川行などのように終点が早い電車の方が、長距離まで行く便よりもやや空いている。

おすすめ記事