のぞみ号の自由席、広島駅からでも座れる!? その確率は?

山陽新幹線の広島駅からのぞみ号の自由席に座れる可能性は高いのか、それとも低いのか。上りの東京行、下りの博多行では具体的に何%くらいとなっているのか。




新大阪・東京方面の場合、1時間に1本程度は広島駅始発の列車が設定されているため、それであれば最低でも並べば座れる。

しかし、上りでもそれ以外はすべて博多発の列車となっている。大きな主要駅だが、名古屋駅などと同じように途中駅という性質が強い。

下りの博多方面ののぞみ号については、すべての列車が途中駅として広島駅に停車する。そのため、すでに満席となっている可能性も否定できない。

広島駅発のぞみの自由席

山陽新幹線内では、広島以西の博多駅までの区間はそれほど利用者数は多くない。広島以東の大阪寄りの方が圧倒的に多い。

しかし、運行本数も西側は少ない。したがって、混雑する可能性は上り、下りとも目立った違いはない。

のぞみ号の広島駅での自由席の空席率

上り(東京方面)
広島始発 博多始発
並べば確実に座れる 休日:ほぼ満席

平日:通路側なら空席あり

下り(博多方面)
休日:通路側なら座れる

平日:窓側にも空席あり

土日祝日でも平日でも、広島駅だと窓側の座席を狙うのは難しい。各駅停車型のこだま号なら空いているため、自由席でも空席が多い。

対する速達型ののぞみ号は混雑しやすいため、窓側は始発駅でいっぱいになることが多い。

通路側なら、空席がまだある段階であれば残っている。自由席を狙うのであれば、通路側に座ることが大前提となる。




東京行は座れないかもしれいない

東京行ののぞみ号では、博多駅始発と広島駅始発の2パターンがある。博多駅始発については、座れない可能性がある。

自由席は1~3号車までとなっているため、指定席と比べて座席数と車両数が圧倒的に少ない。そのため、真っ先に車内が混雑するのが自由席といってよい。

博多駅始発ののぞみの場合、博多と小倉駅で満席に近い状態となることが少なくない。

のぞみ上り列車

特に土日祝日では、連休の初日の午前中と最終日の午後は満席になる。通常の土日であっても、自由席では空席がゼロになりやすい。

土日祝日の博多発のぞみの自由席で座れる確率は、概ね30%程度だろう。窓側に関しては、早朝と夜遅くを除いてはほぼ無理である。

2人掛けの通路側の座席も、だれかが座っている可能性が大きく、空いているのはB席・C席のどちらかに限られると考えてよい。

一方の平日については、朝と夕方を除いてはほぼ確実に座れるだろう。確率で言えば、90%にはなると思われる。

利用者層もビジネス関係で移動する人が主流である。出張客は自由席というよりは、指定席を使うケースが多い。

ただし、ビジネスマンが移動する時間帯のピークとなる9時台と16時以降では、座れないかもしれない。この時間帯は30~50%の確率となるだろう。




博多行では結構座れる?

一方の下りの博多行ののぞみ号については、上りよりは空いていることが多い。自由席であっても、座席に座れる可能性が大きい。

土日祝日の場合は混雑することには変わりないものの、1人行動であればどこかに座れる可能性は残っている。

連休初日の午前中でも最終日の午後でも、B席・C席であれば空席が少しはあることが多い。

列車到着待ちの列に並べば、座席を確保できるだろう。確率としては、70%以上にはなると考えられる。

平日については、終日に渡って空席は必ずあると考えてよい。ただ、複数の人で利用し、隣同士で座れる座席が見つかるかというと、その可能性は決して高くはない。

どうしても、A席とE席は誰かが座っている可能性が極めて高いため、隣同士となってもB・C席、またはC・D席という形となってしまう。

特に土日祝日となれば、隣同士で座るのは困難である。運賃の料金がやや高くなるのは避けられないが、指定席をはじめから取っておくのが良いだろう。

おすすめ記事