西武池袋線の帰宅ラッシュの混雑度! 夕方と夜の乗車率とは?

西武池袋線の帰宅ラッシュの時間帯の中でも18~20時がちょうどピークである。急行・快速・準急・各駅停車の混雑はそれぞれどれくらいのものとなっているのか。




夕方から夜にかけては、都心から郊外の自宅へ向けて電車の混み具合が激しさを増す。下りは朝と同じように通勤客で満員電車となる。

乗車率は、電車によっては空間に余裕がない150%を超えて180%近くにまで達するものもある。

西武池袋線では、池袋駅発と地下鉄有楽町線・副都心線からの直前列車の2パターンがある。2つは練馬駅で合流する。混雑にもそれぞれで違いが見られる。

急行・快速は乗車率150%以上に

西武池袋線の夕方から夜にかけての時間帯の速達列車は、「急行」が最も速く、その次に「快速」が速い。

急行は池袋~所沢間で通過駅の設定がある。快速は、急行の停車駅に加えて練馬・東久留米・清瀬・秋津の4駅に止まる。

地下鉄からの直通列車「快速」の場合は、池袋駅発の準急と練馬駅で接続することが多い。

Fライナー快速急行は、夕方以降は帰宅ラッシュのピーク時を含めて運転されていない。

急行と快速は、池袋→石神井公園間で最も混雑が激しい。乗車率は、ピーク時には150~180%程度になると考えられる。

ドア付近に立っていると扉が閉まる際に挟まれる可能性が大きい。また、人と人が接することが若干あるだろう。電車の中で新聞や雑誌を読むのが難しいというレベル。

どちらも列車についても、所沢駅までは混雑が続く。池袋または練馬を出発すれば、あとはひたすら降りていく一方だが、長距離利用者が多いため、着席できる機会にはなかなか会えないことが多い。

所沢駅では、まとまった数の乗客が一斉に降りていく。飯能方面へ引き続き乗るのであれば、ここで座席に座れる可能性が高い。




準急は回転が早い

準急もまた、始発駅の池袋にて満員となる。急行や快速ほど乗車率は高くないものの、帰宅ラッシュのピークとなれば100%は超える。

平日の夕ラッシュの時間帯では、快速と合わせて10分間隔で運転されている。利用者層としては、中距離利用者が中心といえる。

準急

練馬駅にて地下鉄からの快速と接続する場合、多くの乗客が早くも降りていく。準急から快速に乗り換える人が多いため、始発駅では座れなかった場合でも座れる可能性がある。

準急は、石神井公園から飯能側では各駅停車となる。長距離利用者で準急に乗る人は多くない。しかも、石神井公園で特急に、ひばりヶ丘で急行に抜かれる。

回転が良いのが準急の特徴だろう。混雑が続く区間が短いため、座りたい人は準急を狙うのがおすすめではないか。




各駅停車は近距離移動向け

西武池袋線の各駅停車は、池袋駅発着の電車は池袋~練馬間の小さな駅を乗り降りする人がメインである。夕ラッシュでも豊島園行が多い。

練馬から所沢側の各駅停車は、半数以上が地下鉄との直通列車である。

下りは、有楽町線または副都心線から来る電車で、優等列車が停車しない駅を乗り降りする人は、練馬駅や石神井公園駅にて乗り換える。

有楽町線からの直通列車

都心部から各駅停車を乗り続けて長い距離を移動する人は少ない。そのため、始発駅では混雑していても、回転は極めて良く、すぐに座れることが多い。

各駅停車はあくまでも急行や快速、準急が停車しない駅を使う人向けの電車という位置づけとなっている。

乗車率も100%以下となっていることが多い。ラッシュでも混雑するのはあくまでも急行と快速が中心と考えてよい。

おすすめ記事