パナソニックの新卒採用、倍率は50倍くらいか!? 難易度は高い

パナソニックの新卒採用について、倍率はどのくらいの数値に達するのか。総合電機メーカーとして、大手のトップクラスに入る会社ということで難易度は相当高いのは間違いない。




毎年応募できるのは技術系コースと事務系コースの2種類となっている。技術系は理系が中心。募集の対象としているのは工学系の学部学科に所属する学生である。

事務系は全学部全学科を対象としている。実際に応募するのは文系の学生が中心である。採用人数は2つを合わせて500人超だが、技術系の方が事務系より圧倒的に多い。

パナソニック

就職の難易度に関しても、技術系より事務系の方が競争が激しい。倍率もそれに伴って高い数値となっている。

倍率の目安 難易度と特徴
技術系 20倍 理系が中心

採用人数が多い

事務系 50倍 文系が中心

採用人数が少ない

今回示している倍率の数値はあくまでも私の予想である。正式なデータによるものではない。ただ、難易度が全体的に高く、その中でも事務系が技術系よりも高い傾向にあることには変わりない。




技術系の倍率は20倍くらいか

パナソニックの新卒採用では、公式に対象としている学部学科は特に指定がない。技術系も事務系も「全学部全学科」とされている。

しかし、実際には技術系は工学系の分野に携わっている理系の学生がほとんどであり、事務系は文系の学生がほとんど。

技術系に応募するのは理系の学生が大半ということで、倍率はそれほど高くはならない。公式の倍率は公表されていないが、概ね20倍くらいだと予想する。

エントリーする学生の所属する学部が限定されているため、その中での競争となるためだ。

技術系の倍率

日本の大学を見ると、半数以上は文系の学部学科で構成されている。理系は全体の2~3割ほどに過ぎない。その中でも、総合電機メーカーの分野に当たる工学系は半分未満だ。

それに加えて、パナソニックの技術系の採用では、募集人数が400人くらいである。かなりの大量採用であるのは確か。

これによって、倍率は大きくても20倍程度と考えられる。大手企業で誰もが受けるところとはいえ、理系の中での戦いだからこそ倍率が低く抑えられている。




事務系は50倍くらいの倍率か

パナソニックの事務系の職種では、毎年採用される人数は100人前後となっている。その年の景気や必要とされる人手の事情によって違ってくるが、概ねこのくらいの人員で推移している。

倍率は50倍くらいになると予想する。当然ながら、エントリーシートによる書類選考の時点で多くが不採用となる。

製造業ということで、事務系の職種の採用は技術系よりも人数が少ない。そのため、競争は激しさを増す。

文系中心の事務系の採用

応募するのは文系の学部学科に所属する学生であるが、日本国内では文系所属の学生が高い割合を占めている。

少ない採用人数の中で大量の学生がエントリーしてくるため、パナソニックの事務系所属の倍率はこれくらいの数値となるだろう。

パナソニックという超大手企業から内定を獲得するのは優秀な人材だと認められた人に限られる。

たとえどんなに偏差値の高い大学に所属していたとしても、優秀だと判断されなければあっという間に落とされてしまうのは避けられない。

おすすめ記事