三菱電機に学歴フィルターは関係ある? 出身大学を見ると!

三菱電機の採用では、学歴フィルターが存在するという見方が大きい。新卒でも中途でも出身大学の学校名によってその後の選考で有利に働いたり不利になったりする。




総合電機メーカーの中でも最大手クラスということで、どうしても毎年採用に応募する人は殺到する。

倍率は大卒及び院卒向けの新卒で数十倍、社会人経験者向けの中途採用となると百倍単位となるようだ。

三菱電機

大きい会社ということで採用している人数は決して少ないわけではない。しかし、人員計画をはるかに超えた応募者が集まることから、そのような激しい競争となる。

そこで学歴フィルターを導入し、一定のレベルの大学出身者を優先するという会社があり、三菱電機もその可能性が否定できない。

難関大学出身者が主流派

三菱電機では、全体的に難関大学に部類される学校を出身としている人が多い。文系でも理系でも、偏差値が高くて入試で合格するのが難しいとされる大学が主流だ。

国公立大学だと、東大や京大をはじめ、旧帝大クラスと筑波大、千葉大、広島大といった偏差値上位レベルの学校が中心だ。

私立大学だと、最難関の早稲田、慶応義塾、上智をはじめ、MARCH・関関同立、東京理科大クラスの学校を出ているのが主流派となっている。

国公立大学でも地方の大学だと、やや少ない印象がある。採用されないというわけではないが、どうしても上位偏差値の学校と比べると少ない。

私立でも日東駒専・産近甲龍クラスとなると、学生数そのものが多い割には三菱電機で内定を獲得できている人が少ない。




文系は特に学歴重視か?

文系理系による違いについて、どちらかというと文系の方が学歴フィルターの傾向が見られる。

技術系は事務系と比べると、出身校のレベルの一極集中があまり見られない。偏差値的に上位レベルではない学校の学生でも数多く内定を獲得して入社が実現できている。

理系を対象とする職種の場合、どうしても学部学科には限りがある。総合電機メーカーということで、主に工学系の勉強をしている学生を対象としている。

理系の学歴フィルター

工学部などに所属する学生の割合は、大学生全体から見ると決して大きくはない。その一方で、三菱電機では事務系よりもはるかに技術系がの採用人数が多い。

文系でも応募できる事務系の場合だと、不特定多数の学生が応募するため、採用人数に対して入社を希望する人が膨大な数にのぼる。

激しい競争となることから、実際に内定がもらえるのも偏差値が高い大学に所属する学生が中心となる。

書類選考の際にも、大学名である程度ふるいにかけられる可能性も考えられる。これが学歴フィルターと呼ばれる存在だが、三菱電機では新卒でも中途でもこの否定はできない。

おすすめ記事