なぜ都営地下鉄に発車メロディーはない? 汎用型だけ理由

発車メロディーがない都営地下鉄

都営地下鉄では発車メロディー(発車サイン音)がどの駅にも付いていない。三田線・大江戸線は汎用型のメロディがあるが、駅ごとに違うわけではない。新宿線、浅草線は単純なベルにとどまっている。



東京メトロ・JR東日本で有名なオリジナリティー

東京都内を走るもう1つの地下鉄である東京メトロでは、複数の路線で駅ごとに違う発車メロディーを導入している。

南北線、有楽町線、丸ノ内線、副都心線、東西線ではすべての駅で駅ごとに違う曲が使われていて、その駅ならではのオリジナル性が見られる。

銀座線、千代田線、日比谷線では、一部の駅ではオリジナルの発車メロディーが採用されている。営団ブザーと呼ばれる汎用型のブザーは減り続ける傾向にある。

首都圏の広範囲を走るJR東日本でも発車メロディーがほとんどの駅に導入されている。東京メトロと同じように駅ごとに違う音楽となっている。

鉄道音楽としてはJR東日本が最も有名ではないか。早い時期から導入されていて、しかも広範囲で使われているスタイルで、他の鉄道事業者でもメロディーを取り入れるきっかけを作った存在でもある。

都営地下鉄の場合、東京メトロやJR東日本のような電車の発車を知らせる音として駅オリジナルの曲というものがない。これに理由は果たしてあるのか。



音楽には重点を置いていないから

発車メロディーを導入するかしないかは、各鉄道事業者によって対応が異なる。駅における音楽を重要視している会社もあれば、そうではない会社もある。

都営地下鉄の場合は後者に入る。ただ単に駅メロの充実化には特に力を入れていないため、発車メロディーを導入してないだけと考えられる。

発車メロディー

何か大きな理由があるというわけではないだろう。メトロやJR東が導入しているのは、駅メロを充実させたいという思いがあるだけで、特別な要因があるというわけではない。

ただ、発車メロディー(発車サイン音)ではなく接近メロディーを導入している会社もある。京急、京王、JR西日本などがこれに当てはまる。

停車時間が短い鉄道会社だと、接近メロディーを導入しているところがある。こちらは、発車サイン音の代わりに接近時に曲を流している。

都営地下鉄はどちらも導入していないが、このような鉄道事業者は東京都交通局以外にもある。京成やつくばエクスプレス、相鉄、そせにJR東海はこのような分類に入る。

駅メロは導入していない、または汎用型メロディーに留まっている。駅の放送設備と一体的に運用されているが、必要がないものとして取り入れていない会社は決して少数派というわけではない。

おすすめ記事