【就活】文系だと就職に不利!? 内定の獲得が厳しいって本当?

大学生の就活において、文系だと就職には不利であるという意見が以前から多く聞かれる。内定を獲得するのが理系と比べると難しく、面接を通過して希望の職場に就くのが厳しいという声がある。




売り手市場であれば文系・理系問わず企業さえ選ばなければ内定をもらえるところはいくらでもあるかもしれない。

しかし、「就職氷河期」と呼ばれるような、世の中が不景気となって買い手市場になると一気に文系の働く先がなくなるようだ。

文系は就職に不利になる時

この見方は果たして本当なのだろうか。それとも、単なるうわさに過ぎないのか。

文系よりは理系が有利になるのは間違いない

文系と理系のどちらが就職に有利なのかという質問に対する答えは、理系の方が上というのは間違いないだろう。

理系でも特に工学部に関しては、製造業界を中心に需要が常にある状態となっている。景気が悪くて就職の条件が良くない年でも、工学系の理系は真っ先に必要とされる人材になる。

日本は工業国ということで、どうしてもものづくりの分野を勉強している人が採用されやすい。

医療系や生物系、化学系などの理学部に所属する学生も、工学部の次に需要が多い。こちらも専門的な分野となるため、就職には有利になる。

一方の文系の場合、仕事に活かせる専門的な知識があるかというと、そうとは言えない。法学部や経済学部は学んでいる分野が専門的なのは間違いない。

しかし、それでも必要とされる職種や業種は限られてしまう。一般企業となると、理系よりは不利になる。

文学部などはさらに状況が厳しい。こちらの学問は一般企業の業務で活かせるような内容ではない。したがって、買い手市場となると就職が難しくなる可能性が否定できない。



就職に不利=大手企業に限った話

「文系は就職には不利」とか「内定獲得が厳しい」というのは、あくまでも大手企業に限った話である。中小企業となると、文理を問わず新卒採用の需要が常にある。

難しい就活

不景気であっても、どうしても就活生の視点は大手に行く。どんな時代であれ、就活をしている学生のほとんどは東証一部上場企業などに殺到する。

世間の景気が悪化すると、大手でも採用人数を少なくする。大手にこだわる学生が多い中で、企業側が募集を縮ませると、内定がもらえない人が続出。

結果的に学生の数そのものが少ない理系が文系より円滑に就活が進んで、「文系=不利」という方程式が登場する。

中小企業はなかなか学生を採用できないというよりは、人手が見つからないという方が大きい。

文系であれ、どこかには必ず需要がある。誰もが入社したいと考える大手企業だけが買い手市場であり、有名ではない会社は売り手市場の状態となっている。

したがって、大手以外においては文系であっても決して不利に進むことはない。そして、これは就職氷河期の時代でも同じ傾向が見られる。



不景気になると理系が人気になる

ところで、経済が不景気の時期に突入すると大学入試の世界では理系の学部が人気になり、文系学部が不人気となる。

就職で有利になる理系の学生

これは就職の有利不利を見据えた判断をする人が多いためといえる。理系は専門的な知識を学べて仕事に直結した分野に学生のうちから関わる。

ものづくりの国である日本の産業の主力が工業系ということで、工学部や理学部が人気を集める。また、いつの時代でも安定している医療系の分野も人気度が上がる。

さらに、学生という点では同じでも人と話すのが苦手な傾向が見られる学生だと、理系にいれば安全という見方もある。

面接での受け答えがあまり良くなくても、理系だと専門的な分野に携わっているという評価が獲得できる。これがない文系と比べると、就職口が見つかるのは間違いないだろう。

おすすめ記事