文系の就職で営業以外の職種はあるのか!? あとは公務員だけ?

文系の学部学科に所属する大学生が就職する際、営業以外の職種で入社できる企業は存在するのか。技術職やその他専門職のほとんどが理系中心となっている中で、就活で視点を向けられる職種=営業に絞られてしまうのか。




民間企業だと文系ならみんな営業しなかく、それ以外だと公務員しか選択肢がないという声も少なくない。

営業に向いていない人がいるのは確かだが、それでも営業以外の職種が少ないのはうそというわけではない。

最近は「技術営業」として理系の学生でも積極的に営業職へ回す会社が増えている。製品を作るメーカーなどでは、このような傾向が強い。

しかし、販売を促進する職種といえば文系の学部学科を出身とする人が多数派となっている。これにより、どうしても営業しかないという見方になりやすい。

文系=モノを売る

文系の営業以外の就職先

日本の民間企業で文系・理系の比較を行ってみると、モノを作る=理系であるのに対して、モノを作る=文系という構図になっているところが多い。

製品を設計したり開発したりするのが理系で、大学で勉強する内容もそれに関連したものとなっている。選考内容が就職に直結している形といえる。

専門的な知識を必要とすることから、企業側では技術系の職種は理系の学生をターゲットにして採用活動を実施している例が多い。

事務職については、就職前に必要な専門的な知識を必要とはしないが、モノを売って製品を広めてもらう人員はほしい。ここで文系学生を対象とする募集を行う。

営業はどうしても多くの人手を必要とするため、就職市場においても営業職の採用が多い。このため、文系だと営業が中心となっている。



営業以外だと企画・管理

ただし、文系で営業以外の職種がないかというとそうではない。企画や管理部門などの内勤業務もまた文系が主流である。

営業以外に当たる職種

企画・管理とは、総務、法務、人事、経理、購買、物流管理などが該当する。いずれも理系と同じく内勤業務だが、文系がメインである。

営業とは違って人と話す高い能力をそこまで必要とはしない。したがって、文系学生でも特に自分が営業には向いていないと考えている人が選択肢に入れる職種だ。

また、IT関連の職種も最近だと文系も対象にしている会社が多い。SE(システムエンジニア)がその代表格だろう。

どちらかというと技術系の職種ではあるが、理系に限定された募集とはなっていないケースが主流。就職する際に営業以外の職種を探している学生にとって選択肢の1つになるのは間違いない。



技術職も全学部全学科にしている会社も

技術職は理系だけを採用対象にしている会社は、大手企業だと大きな割合を占めている。

その一方で、世間一般では知られていない中小企業だと全学部全学科を対象としている例が少なくない。

文系の技術職への就職

全学部全学科といえば、文系もこれに該当する。特に大学で選考している分野に関係なく採用するという意味である。

こうした場合は、大手だと事務職・営業職しか選択肢がない中でも技術職に応募することができる。

文系でも理系出身者と同じ仕事ができるというわけで、完全に「モノを作る」仕事ということになる。技術営業というわけではないため、「モノを売る」業務ではない。

内勤業務で人と話すのが苦手で営業には向いていない文系出身者の就職先の1つとして考えてみてはいかがだろうか。

おすすめ記事