新日鐵住金の新卒採用の倍率は20倍!? 難易度のレベルとは?

新日鉄住金株式会社で実施している新卒採用の倍率はいくつになるのか。内定獲得と就職までの難易度は一体どのくらいのレベルになるのか。

鉄鋼業界、あるいは素材メーカーとしては国内トップクラスの大手企業に入る。誰もが知っている会社なのは間違いない。




文系・理系問わず人気企業となっているため、総合的には倍率はおよそ20倍くらいになるのではないかと予想する。

新日鉄住金の新卒採用

正式なデータが存在しないため、実際の競争率はどれくらいになるのは不明だが、大体の目安として、これくらいの難易度と考える。

採用人数は300人前後にも

新日鐵住金グループの中でも中核会社であるということで、最も規模が大きい会社である。それに伴って募集する採用人数もかなり多い。

事務系と技術系を合わせると300人前後に達する。大手のメーカーに完全に当てはまるほどの大量募集ということがわかる。

マイナビやリクナビからエントリーして、その後ESを提出するという形で選考が進んでいく。新日鐵住金に応募する人数は数千人規模になるのは毎年同じである。

世の中の景気が良いと、メーカーの経営が良くなるため応募者数が増える。その一方で人手も多く必要とするため、採用人数も増える。

逆に不景気になると悪い影響を受けるメーカーへの応募者数が減るものの、企業側の採用人数も大幅に少なくなるため、結果的に倍率が大きくなる。

経済状況が悪化すると、新日鐵住金でも100人前後しか採用しないこともある。こうなると難易度は上がり、入社は難しくなるのは避けられない。



事務系と技術系の就職難易度とは?

採用者の全体の7~8割は技術系の職種に該当する。製造業ということで、事業の中心はモノを作ることにある。そのため、ものづくりのエキスパートとなる理系の採用が多い。

理系の方が有利な就職

技術系の場合、対象となる学部学科が指定されている。基本的には工学部や理学部などの理系のみとなっている。文系に所属する学生だと応募するのがほぼ不可能。

技術系の場合、内定をめぐって競争する相手は同じような分野に携わっている人になる。理系そのものの人口が少ないことや、新日鐵住金の採用人数が多いことで、難易度は決して高いものとまではいかない。

文系学生を対象とするのは事務系の職種である。こちらは技術職に比べて採用人数が少ない。

不特定多数の学生が応募するのが事務系ということもあって、入社までの難易度が高い。

理系が中心のメーカーであっても文系学生の応募が少ないわけでは決してない。倍率は理系よりも文系の方が高くなり、大半はあっさり不採用となってしまうのが現状といえる。

おすすめ記事