【東北新幹線】大宮駅からの自由席の空席状況! 座れる確率は?

東北新幹線の大宮駅からやまびこ・なすのの自由席に空席がある確率はどれくらいなのか。すでに東京駅と上野駅で満席でまったく座れない列車はあるのか。

下りの仙台行・盛岡行の自由席は特に乗車率が高い。始発なら列に並べば確実に座れる。しかし途中駅である大宮駅から乗るとなると、自由席特急券だともしかしたら座れない可能性がある。




那須塩原駅、あるいは郡山駅止まりのなすの号は比較的空席が多い。指定席が少ないこともあって自由席自体が多い一方、速達性の高いやまびこ号はやや少ない。

大宮発やまびこの自由席の空席状況

時間帯 座れる確率
始発~7時台 ★★★★☆
8~9時 ★★☆☆☆
9~12時 ★☆☆☆☆
12~15時 ★★★★☆
15~17時 ★★★☆☆
17~20時 ★★☆☆☆
20時~終電 ★★★★☆

やまびこ号の下り列車の場合、混雑が激しいのは早朝を除く午前中いっぱいと夕方の18時前後の時間帯である。

平日は特に夕方に新幹線通勤をしている人が多い。ただ、この時間帯は自由席の車両数を増やしていることもあって、混雑はそれほどにはならない。

休日の午前中がひどく混雑

大宮駅の東北新幹線

問題は土日祝日に当たる休日だ。都心部から行楽地へ向かう人でいっぱいになるが、自由席だとすでに東京駅を発車する時点で満席になることが少なくない。

午前中いっぱいは一気に行楽地へ向かう乗客で満席になる。東京駅ですら列車待ちの長い行列ができる。大宮駅からだと空席なしとなるだろう。

東北新幹線の場合、自由席が設定されているのはやまびこ号となすの号のみとなっている。やまびこは仙台駅または盛岡駅まで行くこともあり、自由席が満席になりやすい。

休日の午前中は大宮駅から乗るのであれば指定席を取っておくのことを強くおすすめする。ただし、指定席ですら満席となっていることが少なくない。

やむを得ず自由席のデッキで立って乗っている人も多く見かける。もし新幹線に乗ることが決まっているのであれば、指定席を前日まで取るのがよい。



休日の夕方も空席ゼロになる

やまびこ号はまた、休日の夕方の時間帯でも満席になりやすい。17~19時頃の列車だと指定席ですら満席となるケースもある。

満席になるやまびこ号

自由席の場合、午前中ほど空席がゼロの列車が多いわけではないものの、大宮駅から乗るとなると座れない可能性が極めて高い。

3列シートの真ん中の座席なら空いていることもあるものの、これすら空席がないケースもある。

東北新幹線の下り方面で最初にまとまった数の乗客が降りていくのは宇都宮駅である。やまびこ号が全列車が停車する。しかし、那須塩原駅や新白河、郡山駅辺りまでは空席が出ないことも少なくない。

午前中と同じく、もし大宮駅から下り方面へ行くのであれば指定席を前もって予約しておくのがよい。



なすのは座れる可能性大

同じ東北新幹線でもなすの号に関しては、大宮駅から乗った場合でも自由席が空いていることが多い。

自由席でも空席が多いなすの

平日なら1日を通して自由席の乗車率が100%未満になっている。窓側の座席は埋まっていることが多いとはいえ、通路側の座席ならどこか空いている。

なすの号は各駅停車ということで、乗っている乗客は近距離しか乗らない人が多い。大宮駅で座れなかった場合でも、次の小山駅で座れる可能性はかなり大きい。

東北新幹線「なすの」なら自由席で座れる!? 混雑状況はどう?

並行する在来線であるJR宇都宮線には特急がまったく走っていないため、東北新幹線が特急の役割を果たしている。

自由席でも乗客の大半は小山駅または宇都宮駅で降りていくといっても過言ではない。

おすすめ記事