【やまびこ】仙台駅からの自由席の空席状況とは!? 座れる確率は?

東北新幹線のやまびこ号に関して、仙台駅からの乗車で自由席に座れる可能性はどれくらいあるのか。上りの東京行の列車の空席状況について、時間帯によって混雑はどの程度違いが出てくるのか。




仙台駅発では、はやぶさ・こまち・はやて・やまびこの4種類の列車が走っている。いずれもすべて必ず仙台駅には停車する。

自由席が設定されているのはやまびこのみ。はやぶさ・こまち・はやてではすべての座席は指定席となっている。自由席特急券では乗れない。

やまびこの自由席

東京方面に行く場合には、停車駅が多いやまびこ号を使うしかない。ただ、自由席があるのはこれだけであることから、混雑はすぐに激しさを増す。

仙台駅始発なら確実に座れる

やまびこ号の半数超は仙台駅始発である。東京行の場合は盛岡駅始発と仙台駅始発のダイヤがあるが、前者の本数は少ない。

仙台駅始発のやまびこ

仙台駅始発の場合、自由席であっても簡単に座れる。東北新幹線ではそもそも自由席の車両数が多いことから、最初の駅である仙台ならほぼ確実に座れると考えてよい。

本当に座れないのは年末年始・ゴールデンウィーク・お盆のUターンラッシュくらいに限られる。通常期なら問題なく着席できる。

ただし、列に並ばずに発車直前になってから乗ろうとすると、すでにほとんどの座席が満席になっていることがある。

窓側の座席は確実に埋まっている。3列シートの部分でも、真ん中を1人分空けて座層とすると、通路側も埋まっていることがしばしばある。

よい座席を選ぶのであれば、列車の乗車待ちの列に並んでおくのがよいだろう。




盛岡駅始発のやまびこ号は満席?

盛岡駅始発のやまびこ号の場合、自由席で空席を見つける難易度は上がるのは避けられない。

東北新幹線の空席状況

仙台駅始発なら誰も乗っていない列車に乗れるため、繁忙期を除いては100%確実に座れる。しかし、盛岡始発の列車だと仙台駅は途中駅に当たる。

仙台以北の駅から新幹線に乗ってくる人の目的地として仙台である例は決して少なくはない。しかし、東京まで行く人がやはり多い印象。

仙台駅に列車が到着しても、自由席から降りていく人はそれほど多くはない。そのため、すでに満席となっていた場合には座れない可能性もある。

仮に空席が存在したとしても、3列シートの真ん中の座席しか空いていないこともある。つまり、「B席」だけが残っているという形に当たる。

窓側の座席となれば、空席率は30%未満になる。早朝と夜遅くの便くらいしか空席が見当たらない。

もし列車を選べるほど時間的な余裕があるのであれば、無理に盛岡駅発のやまびこではなく、仙台駅始発の列車を狙うことをおすすめする。

おすすめ記事