日東駒専は就職の「学歴フィルター」でOUT、それともセーフ!?

中堅レベルの私立大学の代表格といえるのが「日東駒専」である。就職のときの学歴フィルターがある企業では、その対象内に入ってセーフになるのか。それとも対象外のアウトとなってしまうのか。




大学の偏差値やネームバリューによって書類選考の合否が決まるという会社は、特に大手企業では多い。学校名だけで就活の有利不利が決まることが少なくない。

日東駒専は、世間一般ではそんな目にみえない基準のボーダーラインとみられるケースが多い。

有名な大企業でも、日東駒専でセーフになることもあるが、残念ながら難関大学と比べて不利になる可能性もあるというギリギリの範囲に位置する。

ふつうの企業なら問題ない

日東駒専と学歴フィルター

日東駒専クラスであれば、各業界の最大手レベルのような超巨大企業でなければまず学歴フィルターに引っかかることはない。

私立大学の中では、早慶上智やMARCHと比べると偏差値のレベルで劣るものの、それでも日本国内を代表する有名な学校である。

日本大学・東洋大学・駒沢大学・専修大学のいずれも、少なくとも首都圏の人であればだれもが知っている大学である。知らない人は少数派に該当する。

就職の際のエントリーシートにこれらの大学名を記入したところでマイナスの要因が働くとは考えにくい。

中堅大学ということでプラスの要因で有利になるというわけではないが、不採用の理由ともならない。




超有名企業だと厳しいかも

鉄道や電力、ガスなどのインフラ業界、銀行・保険・証券などの金融業界の最大手の総合職となると、学歴フィルターが見られる。

東大や京大などの国立大学でも旧帝大レベル、慶應・早稲田・上智の最難関私大でないとESで通過できないことがある。

また、難関大学以外にも内定者が出たとしても、その割合がかなり小さいこともある。最大手の総合職ではこのような傾向が見られる。

「MARCHが限界」といわれるような就職事情が聞かれる場合、日東駒専になると選考を進んでいくのが厳しい状況となるのではないか。

ただ、日東駒専でOUTとなってしまうような学歴フィルターが強い会社となれば、ワンランク上位に当たるMARCHクラスでも内定と入社が難しいといっても過言ではない。

学閥社風が強い会社でなければ、大学名がそれほど大きな問題となる可能性は高くはない。




学歴フィルターでOUTになる大学はどこ?

ところで、学歴フィルターがあれば完全に入社が難しくなるような大学とはどのような学校を指すのか。どのクラスからOUTになるのか、気になる人はいるだろう。

学歴フィルターの基準

いわゆる「Fラン」と呼ばれる学校は学歴フィルターで引っかかってしまう。ボーダーフリーともいえるほど偏差値が低い大学のことを指す。

ただし、大手企業だと学校名が問われるとすれば日東駒専・産近甲龍クラスが1つの目安となるといっても過言ではない。

有名な大学の偏差値はここから上側だろう。一般入試でも標準レベルといわれる日大を下限と考える人が多いのかもしれない。

この就職事情の問題に関しては明確な根拠はない。就活市場を見ると学歴フィルターにおいては、日東駒専以上からがセーフの基準ではないか。

おすすめ記事