地方の国立大学でも「学歴フィルター」の基準をクリアするか!?

地方の国立大学でも就職で考慮されることがある「学歴フィルター」の基準をクリアするのか、それとも対象外となってしまうのか。

偏差値の数値では、地方の中堅レベルの国立大は私立だと日東駒専や産近甲龍クラスに分類されるという声がある。




上位クラスよりもランクが下がることで、就職で不利になると心配する例だ。学歴フィルターでアウトとなれば、書類選考を進むことすら厳しい。

とはいえ、国立大は私立大よりも全体的に入るのが難しい。学力面が大きく考慮されることもあって、就活市場でも国立大の学生を好むケースが少なくない。

地方国立大と学歴フィルター

一般入試がほとんどで、学力がなければ入学できないというシステムが高く評価されていることが影響している。

したがって、地方の中堅国立大の学生でも就職では比較的有利になる可能性が大きい。

国立大学=頭いい! なぜそんなにすごいことなのか考察した

学歴フィルターは100%クリアできる?

国立大という点では同じであっても、各学校によって偏差値やネームバリューは大きく異なる。東大や京大をはじめとする旧帝大などの難関大学が有利になるのは間違いない。

地方の国立大だと大都市に位置する難関国公立大学よりは劣ってしまう。それは、就職の世界でも同じである。

学歴フィルターが厳しい一部の大手企業だと、地方の国立大でもこの基準をクリアできずにアウトとなってしまうこともある。

これらの会社では、ターゲット校として特定の難易度の高い一流大学の学生に絞ってしまう。総合職では特にこれが強くなる。

よって、国立大であっても地方に位置する学校となると100%学歴フィルターの基準を満たせるわけではない。




地元企業はかなり強い

一方で、地方の国立大となれば地元の企業ではかなり選考で優位に進める可能性が高い。

地元企業への就職

都道府県の県庁所在地に立地していることが多い。そのような地方都市に地盤を置く会社では、規模によらず学歴フィルターの面では何の曇りもない。

東京や大阪、名古屋などの大都市の場合だと、どうしても旧帝大などが一流とみなされることが少なくない。

しかし、それ以外の地域なら話は別である。地方国立大の場合、立地するローカル都市では一流大学とみなされる。

通常は大都市圏に近い地域にある大学ほど偏差値が高いものの、国立大という点では変わらないということで、違いはほとんど見られない。

学歴フィルターの面で不利に進んでしまうことはまずないと考えてよい。世の中の経済状況が悪い中でも、国立大は比較的安定して就職口が見つかることが多いのも間違いない。

おすすめ記事