都営大江戸線の朝ラッシュの混雑状況、乗車率は120%に収まる!?

都営大江戸線の朝ラッシュの時間帯の混雑のピークは7:45~8:30。ここでの混み具合とは、具体的には乗車率が120%前後と考えてよい。

特に環状部分になると東京らしい通勤ラッシュというほどにはならない。東京の地下鉄の中では一番空いている路線が大江戸線ではないか。




東京メトロ副都心線も大江戸線と同じくらいになるようだ。代替路線が周辺に走っていることから、ピーク時でも少しだが余裕がある。

とはいえ、ガラガラというほどではない。大江戸線も郊外から都心へ入る性質のある区間では、他の路線と同じように朝の通勤ラッシュでは激しく混雑する。

練馬→新宿が最混雑

朝の混雑する都営大江戸線

都営大江戸線の中でも、朝の時間帯は練馬→新宿までの区間で激しく混雑する。

国土交通省によると、各路線の混雑率の調査では最大で150%程度になるというデータが公表されている。

首都圏ではトップクラスに入るような混雑率ではない。それでも、ドア付近に立つと他の乗客と接することがある。

また、乗り降りの際には一度外へ出て降りる人の通り道を作る必要があるというレベルではある。空いているとは到底言い難い。

新宿駅以西の部分の大江戸線は、郊外と都心部を結ぶ路線という性質を持つ。このため、東行の電車が一方的に混む。西行の光ヶ丘行の電車は空いている。




都心部の環状区間の混雑は?

同じ都営大江戸線でも都心部の環状区間では、それほど混雑は激しくはならない。

環状線になる大江戸線

立っている乗客の方が多い状態が続いても、短距離利用者が多い印象が強い。停車駅の多くが他路線との乗り換え駅ということもあり、降りていく人もどの駅でも多い。

私鉄とは違って乗ってくる一方になることがない。また、他の鉄道会社との相互直通運転を実施していないため、大江戸線の電車に乗る人は線内のどこかの駅で必ず降りていく。

東京の地下鉄の中ではイレギュラーな部類に入るため、回転が早いのが特徴ともいえる。

混雑は一時的なものであり、停車駅に到着するたびに座れるチャンスがやってくる。車内の奥に立っていれば座れる確率が大きい。




近年は混雑が激化傾向

都営大江戸線の混雑は年々激しくなる傾向が見られる。理由は東京23区内の人口増加である。

全国的には少子高齢化によって人口減少が社会的な課題となっているが、23区内は増加し続けている。

しかも、今後も増える一方の予想となっている。2050年頃までは増えるという予想が有力ともなっている。

大江戸線の沿線、人口が増える23区内

23区内の広い範囲をカバーする大江戸線においては、そうした背景から乗客の数が年々増え続けている。

当然ながら、朝と夕方の通勤ラッシュのレベルも上がっている。列車も以前よりは増発されている。

でも、いずれは線路容量の上限に達して輸送力不足になる可能性もゼロではない。乗車率が200%近くまで達する確率がないが、満員電車が過酷になるのは避けられない。

首都圏郊外の人口が減ることで都心部から放射状に延びる私鉄各社では乗客が減る見込みだが、大江戸線はそれとは対照的という点でもちょっと変わった事情ではある。

おすすめ記事