ブログの収入と記事数の関係とは!? 投稿数に収益は比例する?

ブログの収入と記事数との関係はあるのか、それともないのか。投稿しているページの数が多ければその分PVも増えて全体のアクセス数が増えるという意見は結構多い。

キュレーションサイトもたくさんの投稿を公開していることで膨大なPV数を集めることができているのはまったく否定できない。




アフィリエイトを通じて利益を稼ぐためには、PVが多いことも不可欠になる。

そして、ブログ運営によって獲得できる収入の金額は記事数が多ければ多いほど多くなるのか。

収入=記事数×内容の質

ブログの収入と記事数の関係

結論を言うと、半分は正しいが、同時にもう半分は誤りというのが正直なところではある。

記事数が多いことに越したことはない。投稿している媒体の総数が多ければ、それだけ検索エンジンにヒットする単語が多くなり、ロングテールのキーワードを狙うことができる。

結果的にさまざまなキーワードからの流入を獲得できるようになる。これにより、ブログ全体のPV数が増え、収入の金額も多くなりやすい。

一方で、記事数だけが多ければそれでよいというわけではないのも確かである。コンテンツの質の良さも求められる。

どんなに公開している投稿数が多くても中身がスカスカの内容だとアクセスは見込めない。

【保存版】ブログの月間pvと収入の目安とは!? あなたのレベルは何級?

検索エンジン大手のGoogleでもコンテンツの質が素晴らしいサイトを上位に表示させているため、ブログの質も大切な要素である。

「記事数×内容の質」が収入を増やすためのコツとなる。充実した内容の記事数が多ければPVも多くなり、アフィリエイトなどを通じた収益額も多くなる。




月10万円を稼ぐためには?

ブログで月10万円の利益を稼いでいる例では、どれくらいの記事数で運営しているのか。

あるサイトでは100~200記事というケースがある。一方で、1,000記事以上の大量投稿でようやく達成できているブログもある。

1記事当たり1,000~2,000文字以上も書いていて、コンテンツの質を重視していても、実際に稼げる金額は各個人で大きく違う。

<ブログ運営>1,000記事を達成! 月間で約30万PVになる!?

100記事という少ない記事数でも1か月で10万円以上も儲けている人もいる反面、1,000記事でも5万円未満という人もいる。

1,000記事でも収入が低いブログ

物販アフィリエイトやクリック報酬型のアドセンスなどによっても異なってくる。

需要のあるキーワードを狙っても、今度は激戦区に入って検索順位で上位表示できずにPVが集まらない人もいるのは確か。

こうしたことから、ブログの記事数と収入は比例するとは断言できない。運営者の独自のやり方が収益を大きく左右するのが現状といえる。

おすすめ記事