新名神の速度超過の取り締まり、何キロからOUTに!?

新名神高速道路の速度超過の取り締まりについて、時速何キロからスピード違反として捕まる可能性が高まるのか。そして、どのくらいまでならセーフになるのか。




法定速度100km/hとなっている一方、道路構造上の設計速度は120km/hとなっている。実際、乗用車の実勢速度も120km/h前後となっている。追い越し車線となると、さらに飛ばすドライバーも少なくない。

しかし、新名神高速道路は他の高速道路と比べるとやや取り締まりが厳しい路線でもある。既存の名神と比べても、特に覆面パトカーが多く走っている。

線形が良い分飛ばす車が多い。そのため、警察側も取り締まりを行いやすい環境となっているのも事実。速度超過の取り締まりの目的はいろいろ考えられるが、覆面パトカーが多いことには変わりない。

120km/hを超えるとOUTに

新名神高速道路の取り締まりの基準の目安の1つが120km/hでないかと考える。法律上は、1km/hでも超えると違反は違反となるのだが、取り締まりと違反は現実的には別物となっている。

実際に捕まっている例を見ると、120km/hを超える速度となると警察に検挙されるようだ。一方でこれ以下だと、取り締まりの対象とはならない可能性が高い。

乗用車のスピードメーター上にはどうしても多少の誤差がある。メーター上では120km/hとなっていても、実際の速度は110km/h程度となっているケースも多い。

新名神の速度超過の取り締まり

誤差を考えると、ちょっとした速度超過では警察は捕まえない。あくまでも、確実にスピード違反をしている車だけを止める。

一般道路では+10キロオーバーからといわれているが、高速道路では+20キロオーバーから捕まりやすいという意見が主流となっている。これは、新名神にも当てはまるだろう。

また、実勢速度である120km/h程度であれば、流れに乗っているということで警察から目をつきにくい。目を付けられるのは追い越し車線を飛ばしている車に限定される傾向も見られる。




オービスは何キロから撮影される?

オービスの場合、基本的には赤切符の基準を満たすスピード違反車が撮影されるケースが多いようだ。軽微な違反である青切符の事例では、オービスの対象とはなりにくい。

高速道路では、青切符は+40キロオーバーまでの速度超過となっている。それを超えると悪質ということで赤切符となる。

新名神高速道路は法定速度100km/hということで、140km/h以上で走っているとオービスに撮られる対象となる。

なお、オービスによる取り締まりは「現行犯」ではない。記録を取って後日違反者に対して通知するという形となっている。

軽微な違反だと証拠を押さえるのが簡単ではなく、長い期間にわたって手続きを行う意義も小さいということで、あくまでもパトカーや白バイによる取り締まりだけのケースが多い。

おすすめ記事




新東名の全線6車線化は本当に実現される? ずっと4車線のままか

新東名高速道路は全線に渡って完成6車線となっている。現在でも一部の区間で6車線で供用されている。しかし、大部分は暫定4車線となっていて、未完成という形になっている。




今のところ、新東名を拡幅するような工事はまったく行われていない。制限速度が110km/hになっても、4車線の区間はそのままとなっていて、事業が進歩している気配はまったくない。

将来的には片側3車線となる計画だが、これが実現される見込みが濃いのか。永久的に今の暫定4車線の状態が続く可能性はゼロなのか。

全線開通したら6車線になるかも!

6車線化された新東名

新東名高速道路はまだ一部の区間しか開通していないのが現状である。海老名南JCT~御殿場JCTまでの山間部の区間は、開通に向けた工事が続いている。

既存の東名高速道路の渋滞のポイントともなっていて、早期開通が目指されている。新東名関連の事業では、この工事が最優先となっている。逆に言うと、拡幅は後回しとなっているのが現状。

既存の道路の改良工事ではなく、まずは渋滞の名所となっている従来の東名高速道路の混雑緩和策の実施が急がれている。

その最も大きな効果が得られると期待されているのが新東名の海老名南JCT~御殿場JCT間の未開通区間の完成である。

新たに開通する予定の区間も暫定4車線として工事が実行されている。完成6車線として計画されているため、本来であれば6車線で供用されるべきなのだが、早期完成を目指すために規格が縮小されている。

ただ、全線開通した後はいよいよ6車線化の重要性が上がるかもしれない。容量が不足していると判断されれば、本格的に拡幅工事が計画されるだろう。

特に6車線分の道路の舗装までがされている静岡県区間は、簡単に6車線化させることができる。




愛知県区間と神奈川県区間は難しいか?

同じ新東名高速道路でも、後発組となった愛知県内と神奈川県内の区間では、道路そのものが4車線を前提として作られている。

路肩を見ても、追加で1車線分作れるほどの用地がない。トンネルや橋脚を見ても、片側2車線分のスペースしかない。道幅が狭いと感じる人も多いだろう。

暫定4車線の新東名

道路構造上も、愛知県と神奈川県内は第1種2級の高速道路として建設されている。あくまでも暫定施工という形となっていて、完成は第1種1級の6車線と定められている。

設計速度も100km/hになっている。静岡エリアで制限速度の引き上げが行われても、愛知県内では実施されていない理由はここにある。

しかし、現実的に6車線化するのであれば、既存のトンネルや橋、盛土、切土の部分を拡幅させなければならない。すでに舗装までされている静岡県内とは違って、1から作ることとなる。

将来的にも後から開業した新東名高速道路は4車線のままの状態が続くかもしれない。完成4車線に書き換えられる可能性もゼロではないだろう。

おすすめ記事




【輸出ゼロ】軽自動車は海外には存在しない!? 日本だけの規格!

日本では人気の高い軽自動車であるが、実は海外には存在しないという事実をあなたは知っているだろうか。よく外国にも輸出するべきではないかという声が聞かれるが、そもそも日本国内だけの規格であるため、よその国や地域にはない。




日本国内には軽自動車は約3000万台近い数が出回っている。自動車保有台数全体の約3分の1を占める割合である。かつてはただ小さくて安いクルマというものであった。貧しい低所得層が普通車が買えないためにやむを得ず乗る車であるのが軽自動車であった。

ところが、最近はさまざまな機能や設備が付けられているということもあり、「ビンボーな人が乗るクルマ」ではなくなってきた。

ホンダのN-ONEやスズキのワゴンRなどの軽自動車がその代表的な存在であり、どこのメーカーからの車も高機能化が進んでいる。

海外にはない理由とは?

海外にはない軽自動車

軽自動車の規格は、「全長3.4m以下、全幅1.48m以下、全高2.0m以下、排気量660cc以下」と法律で決められているが、この規格が存在するのは日本だけであり、他の国にはまったく存在しないものとなっている。

一部の車種は確かに一部の国へ輸出されている。しかし、それらは車両の大きさやエンジンの馬力を改造しているものばかりであり、国内で走っているそのものを輸出しているわけではない。

軽自動車が日本国内にしかない理由としては、日本という国の国土が狭いということで道幅が狭く、資源に乏しく、ガソリン代が高いという要因があるためである。

かつての高度成長期の時代、車はとても贅沢なものであり、手に入れられたのは富裕層の人だけであった。一般の人にはとても手が届かない存在であった。

普通の庶民でも自動車を持てるようにと政府が推し進めたのが、自動車の小型化である。サイズを小さくすれば、エンジンの出力や使う材料の量も少なくでいるため、コストを安く抑えることができる。さらに燃費もよくなるため、ガソリンの消費量も抑えられる。原油をすべて輸入に頼っている我が国にとってはとても不可欠な要素であった。

こうした背景からできたのが軽自動車というわけである。他の国とは違って、さまざまな制約があったために、小型自動車の規格が設定されたという歴史を持っている。




輸出しても売れない?

日本の道路事情を見ると、市街地区間が多くてちょっと走ると信号機のある交差点に差し掛かってしまう。ストップ&ゴーが多いのが日本の道路であり、一定の速度で長時間走るという機会がかなり少ない。

また、スピードも遅めである。一般道路の場合は最高でも60km/hである。海外の場合、片側1車線の一般道路でも郊外では100km/h近く出すケースが多い。

日本よりも高速走行する機会が多いということで、低速運転が得意な軽自動車はそもそも需要がない。しかも道幅が広いということで、サイズの大きい車でもまったく問題ない。

停車と発進を繰り返し、ゆっくり走る日本の道路事情にぴったりの軽自動車であるが、一定のスピードで走ることが多くて道幅が広い諸外国の道路事情には向いていない存在のため、たとえ輸出してもあまり売れないのが現実なのである。




【保存版】軽自動車の維持費!1か月あたりの費用はいくら?

軽自動車は維持費が安いといわれているが、1か月あたり実際かかる経費はいくらくらいになるのか。低所得者で車が必要な人が真っ先に検討するの車種であるが、本当にランニングコストは低いのか。




都会の駐車場を借りる場合、維持費で一番高い金額となるのは駐車場代となるだろう。月に10,000円以上も払っている人も少なくない。

軽自動車の維持費

Honda N-ONE

一方、田舎の場合駐車場代はほとんどかからないため、最大のコストといえばガソリン代になる。走行距離も長くなるため、燃料費が占める割合が大きい。

1か月の維持費は?

内容 金額 計算方法
ガソリン代 10,000円
駐車場代 10,000円 ひと月1万円と仮定
自賠責保険 1,100円 2年で26,370円
任意保険 4,000円 標準的な契約内容
車検代 3,400円 2年で80,000円
オイル・タイヤ 2,000円
軽自動車税 900円 年間10,800円
重量税 370円 年間4,400円
合計 31,770円

軽自動車の場合、1か月あたり約30,000円くらいの維持費がかかるということがわかる。郊外のワンルームのマンションの家賃くらいの値段であるといえる。

車を運転する人として一番気になる費用はガソリン代といえるのではないだろうか。もちろん、どれくらい走るかによって変わってくる。都会でほとんど電車・バスしか使わない人であれば、ガソリン代よりも駐車料金の方が高くなるだろう。

地方に住んでいて車社会が定着した地域で運転するのであれば、走行距離も長くなるためガソリン代がトップコストに君臨するだろう。

しかもガソリン代は原油価格によって上下してくるため必ずしも一定ではない。原油高の時期になれば、ガソリン代としての負担額は大きくなり、家計のやりくりが厳しくなる原因ともなりうる。

ただ、それ以外にも維持費としてかかる経費はいくつもある。保険や税金もかかる道具であるのが自動車であるのは間違いない。乗っても乗らなくても保険料と税金は一緒であるため、ここは固定費として考えてよい。




普通車よりはかなり安い

軽自動車と普通車のかかる維持費を比較した場合、やはり軽自動車の方がコストはかなり安い。ガソリン代については普通車とあまり変わらないものの、税金や保険料の面では優位なポジションとなっている。

固定費が普通車よりも安いため、トータルの維持費を考えると普通車と軽自動車のどちらかにするのか迷った場合、軽自動車の方がおすすめとなる。

軽自動車というと低所得者層が乗る低ランクの車として考えてしまうことがあるかもしれない。しかし、コストがかからないこと=低所得というイメージは間違っている。

財布にやさしいのみならず、低燃費であることから地球環境にも配慮された存在となっている。ガソリンを多く消費する高級車よりも環境にも家計にもエコな存在である。

男性にも人気になりつつ

軽自動車というと、女性や高齢者が乗る車というイメージを抱いている人は多いのではないか。小回りが利き、操作性が簡単な点から、運転が苦手な人が乗る乗り物だという考えも存在するのは間違いない。

しかし、最近は運転が得意な人も軽自動車を選ぶような時代になりつつある。若い男性でも、普通車ではなく軽を選ぶ事例もかなり多い。

以前は、自家用車は自分を他人にアピールする手段であった。ステータスを込めて高級車を乗り回すのも常識の範囲内だった。

しかし、最近は自動車以外にお金をかけたいと考える人が増え、「車=ステータス」という方程式は崩れる傾向にある。

趣味が多様化しているといわれているが、軽自動車を選ぶ男性が増えているのは、それを象徴する社会的な変化といえる。

その上、近年の軽自動車はどのメーカーのものもデザイン性が向上している。加えて、コストが安いという巨大なメリットがある。普通車を選択する理由が薄れつつあると言っても過言ではないかもしれない。