東急田園都市線の夕方と夜の混雑レベルとは!? 帰宅ラッシュも満員!

東急田園都市線の帰宅ラッシュに当たる夕方から夜にかけての列車はどれくらいの混雑になるのか。18時から20時頃までがピークを迎えるわけで、満員電車になるのは避けられない。

その中でも下りの中央林間方面の急行・各駅停車の乗車率はそれぞれ何%に達するのか。朝ラッシュと比べてどんな状況なのか。




田園都市線の下りの混雑レベルの目安

区間 急行 各駅停車
渋谷→二子玉川 ★★★★★ ★★★★
二子玉川→溝の口 ★★★★★ ★★★★
溝の口→あざみ野 ★★★★★ ★★★
あざみ野→青葉台 ★★★★ ★★★
青葉台→長津田 ★★★★ ★★
長津田→中央林間 ★★★

全区間を通して混雑のレベルは急行>各駅停車となっている。

同じ東急電鉄の東横線や並行する小田急線と比べても、田園都市線では特に急行の混雑が飛びぬけている。

東急東横線の夕方の帰宅ラッシュ、どれくらい混雑するのか!?

混雑率そのものは朝よりも夕方・夜の方がマシだとされている。しかし、実際の感覚は大差ない。

準急がなくて優等列車の本数自体が朝より少ないことがその理由の1つになっている。




急行の混雑区間はかなり長い

東急田園都市線(急行)の18・19時台の混雑

朝と同じように夕方と夜の混雑の中心は急行である。田園都市線内の最速列車ということで、長距離を移動する乗客は皆急行に殺到する。

平日だと18時以降の下りでは急行が10分間隔、各駅停車が4~6分間隔で運転されている。

  • 運行ダイヤは10分サイクル
  • 急行=1本
  • 各駅停車=2本(長津田行+中央林間行)

全体的に急行の本数は少ない。各駅停車よりも乗車率は高くなり、しかも長い時間に渡って混み合った満員電車が続く。

田園都市線の「急行」が少ない理由とは!? なぜ1時間に4本だけ?

渋谷駅を発車する時点での乗車率は180%くらいになると考えられる。ドア付近ではほかの人と接することがある。

また、最後に電車に乗り込んだ人はドアに挟まる光景がよく見られる。感覚的には朝の7時台後半、8時台前半の通勤ラッシュと同じくらいのレベルである。

なお、東急田園都市線の路線は渋谷~中央林間だが、すでに乗り入れ先の東京メトロ半蔵門線から混雑は始まっている。

渋谷駅から乗る人は完全に座席に座れない。急行は特にまったく座れなく、着席できる確率は完全に0%だろう。

夕ラッシュのピークでは、長津田駅辺りまでは急行の乗車率は100%(座席数+つり革数)を超える状態が続く。

最初に緩急接続を行う鷺沼駅までは混雑度はまったく下がらない。座れる確率も限りなく0%。




各駅停車は混雑区間が短い

急行とは対照的に、各駅停車は混雑する区間が短い渋谷駅を発車すれば、あとは降りていく一方となる。

渋谷駅の時点での乗車率は急行より若干緩やかな150%くらいになるが、それでも空いているとは言い難い。しかし、以降はどんどん乗車率が下がっていく。

二子玉川駅にて大井町線からの乗り換え客が乗ってくるものの、それでも乗り換え組も急行を狙う傾向にあるため、各駅停車に乗るのは近距離客が中心になる。

停車駅が多くて所与時間が長くなることから、電車の回転はかなり良い。初めは混み合っていて朝と同じくらいの混み具合でも、座れる機会が続々とやってくる。

中でも急行との接続を行う鷺沼駅や長津田駅では大量の乗客が降りていく。ここは座れる大きなチャンスになるだろう。

なお、各駅停車には中央林間行と長津田行の2種類が中心だが、途中の青葉台駅辺りまではどちらも混雑度に違いは見られない。

混雑はどこから始まる?

夕方の混雑する半蔵門線

東急田園都市線の下りの帰宅ラッシュは地下鉄半蔵門線の大手町駅辺りから混雑が始まる。JR東京駅近辺がスタートというわけだ。

九段下駅を過ぎるといよいよ田園都市線内まで乗り続ける乗客でいっぱいになる。

半蔵門線はどれくらい混雑する!? 朝と夕方は超満員になるのか?

東急田園都市線と半蔵門線の境界である渋谷駅では、ちょうど大規模な乗り換え駅ということもあって入れ替えはあるが、それでも過半数が降りていくほどではない。

そして、渋谷駅からは降りていく人よりも圧倒的に乗ってくる人が多い。ここから地獄の帰宅ラッシュが始まる。

平日も土日も状況は同じ。通勤客も行楽客も、都心部から郊外の自宅へ帰る人であふれかえる。

おすすめ記事