就職の「学歴フィルター」、大学名でのボーダーラインの基準とは!?

就職における「学歴フィルター」の具体的な基準と目安について気になったことがある人はいるはず。

大学名でどの辺りの学校がセーフ・アウトのボーダーラインとなるのか。偏差値ランクをもとにそれを考えてみた。




人気の高い大手企業では、学校名だけで採用の選考を行っているわけではないが、「ターゲット校」というものを定めている会社があるのは確か。

  • レベルの高い大学から学生を採用したい
  • 有名な学校の優秀な人に内定を出したい

そんな思いから、直線的な基準がない学歴フィルターが就活市場で存在している理由ではないだろうか。

TVCMがある超有名企業だと

学歴フィルターの基準

 国公立大学 私立大学
難関 旧帝大  早慶上智
上位 主要都市の国立大 MARCH・関関同立
中の上 地方国公立
  <ボーダーライン>
 中堅 公立単科大学 日東駒専・産近甲龍

TVCMを放映しているような超大手企業だと、学歴フィルターの基準は上の表が1つの目安になると考える。

もちろん、すべての会社がこのような目安を実施しているわけではない。具体的な明文化された基準は存在しないのは事実である。

ただ、就職の世界を直感的にとらえると、上場企業の中でも業界トップを走るような有名企業だとこのような感じになる。

難関大学に分類されて入試のレベルと偏差値が高い大学から多くの学生を採用する傾向が見られる。




国公立大学はほぼすべてが対象内

国公立大学に限っては、偏差値のレベルによる学歴フィルターの強さがそれほど大きいわけではない。

一部の金融や総合商社となると、東大や京大をはじめとする旧帝大クラスの難関校に絞っているところも見当たるが、大半では地方の国公立大学を含んで「対象外」に当たるような学校が少ない。

背景にあるのは入試の事情である。国公立は基本的に一般入試で入るのが基本であり、学力の高さが絶対に求められる。

最近だとAOや推薦があるが、それでも一定水準を満たした学力があることが前提になる。

国公立=優秀という目で見られることが多いため、就職の世界でも有名企業で採用される学生が多い。

地方の国立大学でも「学歴フィルター」の基準をクリアするか!?

私立はMARCH・関関同立が1つの目安

大学名が重要な大手企業への就職

一方の私立大学となると、学校名で有利不利になるケースがある。書類選考の段階で合否が決まることが少なくない。

東証一部上場企業のような大手だと、MARCH・関関同立が1つの目安になるというのが私の印象である。

早稲田・慶応義塾・上智大学・東京理科などがまったく問題はないだろう。

明治・青学・立教・中央・法政+関西・関西学院・同志社・立命館といった有名私立大学が学歴フィルターのボーダーラインとなりやすい。

ワンランク下位の日東駒専・産近甲龍になるとやや苦戦を強いられる可能性が出てくる。

日東駒専は就職の「学歴フィルター」でOUT、それともセーフ!?

ただし、有名企業でも人手が十分に足りていない会社だとこの限りではない。

学校名に左右されることなく、本当に人物重視で新卒採用を行っている会社もある。学歴フィルターの存在はあくまでも一部の企業に過ぎないのも確かだろう。