銀座線・丸ノ内線は私鉄との直通運転がない! その理由とは?

東京メトロ銀座線と丸ノ内線は地下鉄以外の私鉄との相互直通運転を行っていない。いずれも単独路線となっている数少ない路線である。

なぜ他の東京の地下鉄のように他の鉄道会社への乗り入れを行っていないのか。理由を考えたことがある人は多いのではないか。




具体的な理由としてあげられるのは、次の2つの点だろう。

  • 線路の幅が1,435mmだから(ふつうは1,067mm)
  • 車両の規格が小さい
  • 架線が第三軌条方式

地下鉄銀座線も丸ノ内線も建設された時期が非常に古い。そのため、路線の規格も旧式の低い水準のものとなっている。

首都圏の場合、JR・私鉄各線の多くは線路幅が1,067mmとなっている。車両も20m×10両編成のところが多い。

私鉄では対応できない規格

私鉄へ乗り入れできない丸ノ内線と銀座線

銀座線も丸ノ内線も線路の幅は1,435mmとなっている。これは新幹線のレール幅とまったく同じ。

関西圏では南海電鉄を除くほとんどの鉄道会社が1,435mmが主流になっているものの、首都圏ではJRの在来線と同じ「狭軌」と呼ばれる1,067mmが採用されている。

フリーゲージトレイン出ない限り、これらの線路幅の異なる路線を互いに乗り入れることは不可能である。

架線の方式も大きく異なる。通常の鉄道路線では天上の上に架線が通っている。しかし、銀座線・丸ノ内線は第三軌条方式をとっていて、線路が敷かれた平面上にある。

車両1両の長さも20mが主流であるが、銀座線は16m、丸ノ内線は18mと若干短い。建築限界から20mの車両が通れないためだ。

地下鉄銀座線・丸ノ内線で郊外の私鉄やJR線との相互直通運転を行っていない理由はここにある。




銀座線・東急田園都市線の相互直通運転計画は存在した

かつて、今の東急田園都市線が渋谷駅まで乗り入れる計画が発表された頃、これと地下鉄銀座線との相互直通運転を行うという計画が存在していた。

渋谷駅から都心側を銀座線、外側を新玉川線(田園都市線の古い名称)とする案だった。

しかし、結局は断念された。新たに半蔵門線を建設して、東急田園都市線からの乗り入れ電車が都心側へも行けるようにした。

銀座線との乗り入れが実現されるまでには至らなかったのは、田園都市線との規格の違いだろう。

田園都市線は20m級の車両が使われている。終電方式も架線タイプである。乗り入れを行うなら第三軌条方式に変える必要が出てくる。

東急田園都市線と銀座線の乗り入れ計画

戦前に開業した建築限界の低い銀座線のため、私鉄との乗り入れが実現されなかったと考えるのが合理的である。

なお、首都圏でトップクラスの混雑率を誇る田園都市線に銀座線の車両が走ることとなれば、かなり輸送力が低下するのは避けられない。

【東急田園都市線】ラッシュ時・日中の混雑度はどう? もう常に満員!?

今よりも混雑がより激しくなり、200%を軽く超えるほどの混雑率になったかもしれない。結果的に半蔵門線への直通運転になって良かったというのが正直な感想ではないか。