iPhoneの充電機は100均でもOK? でも機械本体には悪い!?

iPhone用100均の充電器

ダイソー・セリア・キャンドゥなどの100均にはiPhone用の充電器が販売されている。すべて100円で安いものの、機械本体にとって悪いという例がある。

スマートフォンの充電には、ケーブルとACアダプタが必要になる。いずれも100円ショップの店頭に並んでいる。多くは100円+消費税という破格の安さだ。

家電量販店などで充電器を買おうとすると数千円の値段がすることが多い。性能が低くて安いものでも500~1,000円くらいはする。




寸法が正確に出ていない可能性大

低品質のiPhoneの充電ケーブル

安くて購入しやすい100均の充電器だが、1つ大きなデメリットがある。それは、寸法が正確に出ていないものが結構多い点である。

値段が安いということで、製品の質が低級なのは否定できない。規格に適応したサイズがあるが、これに一致していない箇所がよくある。

例えば、iPhoneのUSBケーブルの差込口にうまく刺さらないといったケースがこれに当たる。

寸法が正しければ、差込口にうまく入れられる。100均のコンセントだと差し込むのが固かったり、差し込んでも充電が始まらないというトラブルもこれに該当する。

無理やり差し込むと、iPhone本体にダメージがかかる。品質が良い純正充電ケーブルを使ってもうまく充電できなくなるリスクが出てくる。

充電する電圧や電流とiPhoneの急速充電

100均のACアダプタであれば、電圧や電流が適切ではない可能性もある。抵抗器の質も純正のものや大手メーカー製のものよりも低い。

不適切な電圧や電流がかかれば、iPhoneが故障したりうまく動作しなくなることもあり得る。スマートフォンは精密機械の傾向がある。周辺機器の質の高さも重要なのは確か。

家計にとってやさしい存在なのがダイソーなどの100円ショップだが、長期的に見ると値段がちょっと高いが質の良い製品が好ましい。




急速充電ができないことも

100円ショップ(ダイソー・セリア・キャンドゥ)で売られている充電ケーブルは普通の充電には対応している一方、急速充電には使えないことが多い。

電流値の最大が1Aになっているものがほとんど。2A以上の電流に耐えらえるケーブルは、安い100均のお店ではあまり見かけない。

iPhoneの純正充電器は5V・1Aの規格になっているため、急速充電器ではない。ただ、家電量販店にはiPhoneの急速充電用のACアダプタやケーブルが売られている。

100均の急速充電ができないケーブルを使ってこれらの急速充電アダプタを併用すると、ACアダプタやiPhone本体の故障になるリスクが出る。

もし予算に少しでも余裕があるのであれば、ある程度値段が高い充電器を使うのが、iPhone本体にとってはやさしい。

どこのメーカー製だかわからない安い100均の充電器を使うのはできれば避けたいことには変わりない。

おすすめ記事