iPhoneのバッテリーの寿命は2年? どれくらいが電池の限界なのか!?

iPhoneのバッテリの寿命の目安について、平均的には2年という見方が大きい。電池の持ちの限界ラインとしても大体3年くらいが上限となるだろう。

使い方によって劣化が進むスピードが違ってくるものの、いずれは必ず寿命を迎える。リチウムイオン電池ならではの特徴である。




毎日iPhoneを操作する時間が長いヘビーユーザーだと、1年ちょっとで電池の減りが早くなって寿命を迎えることもある。

日々LINEやTwitter、Instagramなどへアクセスする時間が長いのであれば、その分充電と放電を多く繰り返すことになる。当然ながらバッテリーもすぐに弱くなる。

iPhoneの電池の寿命=2年

iPhoneの電池の寿命の目安

iPhoneの電池の寿命が2年ということで、機種を新規で購入してから2年間の月日が経過したのであれば、そろそろバッテリーの交換を考える時期に来たといえる。

内蔵型バッテリーは基本的に利用者自身では交換するのが難しい状態になっている。そのため、交換には少なくないコストがかかる。

iPhoneを毎日使っていると、2年以上同じバッテリーを使い続けると、どうしても自然放電が多くなって電池の持ちが悪くなる。

夜間に充電して昼間を乗り切ろうとしても、午後には電池の残量がゼロになってしまうということになるかもしれない。

モバイルバッテリーが必要になるほど電池の減りが早くなる。この手間を考えると、もし機種変更の予定がないのであればバッテリーを新しいものと交換することがおすすめになる。




Android機種との電池の寿命の違いはある?

androidの電池の持ちと劣化のスピード

iPhoneに使われている電池もandroidの機種で使われているスマートフォンの電池もすべてリチウムイオン電池となっている。

したがって、バッテリーの寿命の違いというものはほとんどない。どちらも平均的に考えると2年程度が使用可能な年数になるだろう。

異なるのは電池の容量である。○○mAhという単位が異なる。どちらかというとiPhoneの方が少ない傾向にある。

また、充電が満タンの状態から空になるまでの持ち時間も違うが見られる。電力の消費量が違うわけだが、iPhoneの方が消費量が少ない。

AndroidはOSの性質上複数のアプリやシステムを稼働し続けることから、電池の持ちが悪い。

最近はOSも大幅に改善されてきたものの、iPhoneとandroidを比較すると前者の方が効率が良い。

しかし、リチウムイオン電池自体の寿命の差はないと考えてよい。劣化が進んでいずれは寿命を迎えることとなる。