iPhoneでWi-Fiが繋がらない!接続できない原因とは?

iPhoneでWi-Fiが繋がらない原因について、具体的にどこが悪いことが多いのか。SIMカードによるデータ通信はできるにも関わらず、無線LANだとインターネットに接続できないことは少なくない。

Wi-Fiとの接続不良はスマートフォン全般に当てはまるよくあるトラブルである。iPhoneでもandroidでも起こりやすい。




ただし、これにも軽傷のものと重傷のものの2つがある。ちょっと操作すれば改善する場合と、何をしてもWi-Fiにつながらないという2つの事例だ。

  • Wi-Fiルーターとの通信がうまくいっていない
  • ルーターの調子が悪い
  • iPhone本体の無線LAN機能が故障

上の3つの種類に分けられる。Wi-Fiが使えない時の対処法については、各種類によって違ってくる。

単なる接続不良の場合

iPhoneでWi-Fi接続できないトラブル

iPhoneとWi-Fiの単なる接続不良の場合は比較的簡単に解消させることができる。

具体的な対処法は以下の2つが挙げられる。

  • Wi-FiをOFF→再度ONにする
  • iPhoneを再起動する

まず最初にトライしてみたいのが、Wi-Fiを一旦OFFにして再度ONにするという動作である。

Wi-Fiをオフしてもう1度オンにすることで、それまでは認識していなかったチャネルに接続するようになることがある。

Wi-Fiを連続したままでは、基本的に同じWi-Fiへアクセスしている状態が続く。iPhone側で通信の切断を認識しない限りは同じ電波と通信する。

iPhoneを再起動させてもう1回Wi-FiをONにする

Wi-Fiを一旦切って再度接続を試みることで、たいていの場合はうまくインターネットへ接続できるようになる。

もしこれでもダメだったら、次はiPhone本体の電源を再起動だせてみよう。リスタートさせることで、一度すべての動作が終了される。

中にはWi-Fiの接続がうまくいなかい原因となっている動作があることもある。この場合は再起動させることで、iPhone本体とWi-Fiが正常に繋がる。




Wi-Fiルーターに問題ありの場合

Wi-Fiルーターに問題があるためにうまくインターネットに接続できない可能性も考えられる。

iPhone本体を再起動させてもWi-Fiが繋がらない時、またはちょっとつながってもすぐに切れてしまう時は、ルーターに問題がある可能性が否定できない。

ルーターに原因があると思われる時の対処法は以下の動作になる。

  • Wi-Fiルーターの電源を抜いて再起動

このような時は、一旦ルーターの電源を切って再度入れるのを試してみよう。

ルーターを再起動させてうまくつながるようになったのであれば、ここで問題は解決。

なお、コンビニやショッピングモールなどにある無料で使える公衆Wi-Fiには接続できるのに自宅のWi-Fiはつながらないというトラブルの場合は、Wi-Fiルーターが故障していたり、製品そのものに問題がある可能性が考えられる。

安定してWi-Fiが繋がりやすいBuffaloとNECのルーター

ルーターのメーカーによってもiPhoneに向き不向きがあるようだ。BuffaloやNECなら比較的安定しているという評判が多い。

一方のエレコムやアイ・オー・データのルーターは接続できないという口コミが多く見受けられる。

Amazonや価格コムで掲載されている口コミやレビューの情報を見てみるて、自分と似たような症状が書かれてないみてみよう。




iPhone本体に原因あり?

iPhone本体を再起動させても、Wi-Fiルーターを再起動させても一向に無線LANを使ってインターネットに接続できないのであれば、iPhone本体に原因となっている問題があるかもしれない。

公衆Wi-Fiでも自宅のWi-Fiにも繋がらないのであれば、さらにこの可能性が大いに考えられる。

Wi-Fiの電波の強さを表すアンテナがまったく立たない場合は、iPhone本体にトラブルがあると判断できる。

アンテナが立っているが、インターネットへはどうしてもアクセスできない場合も、断定はできないが同じ可能性がある。

おすすめ記事