MARCHは就職の学歴フィルターでセーフ、それともアウト!?

MARCH(明治・青学・立教・中央・法政)の各大学は就職の際には学校名で有利になるのか、それとも不利になるのか。

学歴フィルターと呼ばれる制度をとっている企業は、特に就職先として人気が高い大手企業で重視される傾向が見られる。




早慶上智や東京理科大辺りのレベルの次のクラスとして分類される私大群であるのがMARCHであろう。

しかし、就職で有利になるという声もあれば、プラスの要素がないという否定的な意見もある。果たしてどちらの見方が正しいのか。

超大手だと不利になる可能性がある

MARCHの学歴フィルター

偏差値ごとに大学を並べた場合、各企業ごとによって評価は分かれてくる。

MARCHの各大学の学生が就職での手応え間で意見が二分されているのは、学歴フィルターの有利不利の境界線辺りに位置するからだろう。

  • ふつうの大手企業:MARCHなら高学歴で優秀
  • 超大手:旧帝大、早慶上智クラスが主流

普通の一般的な大手企業であれば、MARCHレベルの大学に所属する学生はそれなりに優秀だと判断される可能性が大きい。

一般入試での合格の難易度は高く、推薦でもだれでも応募すれば合格できるわけではない。評価は決して低くはない。

しかし、大手企業となるとメリットが薄くなる。この規模の会社への就職では、旧帝大に分類される国立大や早慶上智の最難関私大でないと優勢にはならない。

就職の「学歴フィルター」、大学名でのボーダーラインの基準とは!?

MARCHからの採用もゼロではないケースがほとんどだが、学生の総数から考えると明らかに少ない。

業界で言うと、メガバンクなどの金融や総合商社、日本を代表する製造業の会社でMARCHは有利にはならない可能性がある。




アウトになることはない

ただし、MARCHクラスの大学であれば学校名だけで不採用になるということはあまりない。

出身校としてのこのランクなら「恥ずかしい」という思いに至る理由はまったくない。超大手だと選考で有利に働く可能性が低いものの、それでもアウトになるほど不利にはならない。

東京を代表する私大ということで、各企業でもMARCHを卒業していて出身校としている社員はかなり多い。

日東駒専は就職の「学歴フィルター」でOUT、それともセーフ!?

学生数が多くて有名な日東駒専よりもワンランク上のグレードに入るのがMARCH。中堅ではなく、上位レベルになるのは確か。

一定の力があるのは確かだろう。本格的に学歴フィルターの心配が必要になるのは日東駒専辺りからとなる。




文系・理系では違う?

MARCHの文系・理系の就職事情

同じMARCHでも文系と理系では就職の事情が違ってくる。そして、世間一般で考えられている通り、どちらかというと理系の方が就職には強い。

MARCHの中で工学部や理学部などの理系学部に所属する場合、学歴フィルターの中でも優位に立てる可能性が大きい。

理系の学部学科に所属する場合は国公立大の方が人気度が高いものの、ネームバリューの点ではMARCHの方が強い。特に多くの企業の本社が集まる東京では、MARCHの方が優勢に立てるかもしれない。

文系の場合は、どうしても専門的な知識がないため、就職で有利になれる可能性が低い。

MARCHの学生の大半は文系学生だが、理系と比較してしまうと学歴フィルターで不利に働くことはゼロではない。