通勤ラッシュの時間帯のピークとは何時から何時まで!?

通勤ラッシュの時間帯のピークとは具体的に何時から何時までなのか。鉄道やバス、道路が1日の中で最も混雑する時刻は全国的に同じと考えてよい。

1日で最も混雑するのは朝ラッシュである。職場や学校へ向かう人が一気に集中するためだ。平日の朝は毎日酷い状態になる。




次に夕方の帰宅ラッシュも激しい混雑になる。自宅に帰る人でにぎわう時間帯に入る。ただし、朝と比べると分散されるため、一極集中は避けられる。

最も地獄といえる通勤ラッシュの交通手段は鉄道だろう。東京周辺の首都圏は全国でも一番混み具合が激しい。超満員電車で混雑率200%というところも結構ある。

通勤ラッシュのピークは具体的に

朝ラッシュのピークの8時台

朝夕のラッシュの時間帯でも混雑が頂点に達するピークは以下になる。

  • 朝:7:00~8:30
  • 夕方:17:00~18:30

朝の通勤ラッシュがひと段落するのは9時台後半に入ってからとなる。10時を過ぎればいよいよ閑散としている日中に入る。

午後になり、16時を過ぎた辺りになると夕方の帰宅時間帯に入る。21時を過ぎると今度は夜間に入り、みんなが自宅に戻り終える頃となる。

ただし、人口が多い地域では夜遅くになっても混み合った状態は続くことが多い。鉄道だと下りの電車は終電まで座れない状態が続く。




朝は7時台と8時台前半がピーク

朝は7時から8時半までがピークとなる。多くの職場や学校の始業時刻が8~9時となっているため、これに合わせて誰もが移動を始める。

特に朝は皆が一斉に移動するため、ラッシュの混雑度も夕方に比べて大幅に激しくなりやすい。

最近は時差出勤を奨励する企業や官公庁も出てきている。通勤ラッシュの混雑緩和にも貢献している。しかし、全体的に見ればその割合はかなり小さい。

今も昔も朝の通勤通学のラッシュは地獄の移動時間となっている。人口が多い首都圏は特にひどい状況となっている。

鉄道なら郊外のベッドタウンから都心部へ向かう上り電車が真っ先に満員電車となる。一方の下りはガラガラとは言えないものの、上りよりも大幅に空いていることが多い。




夕方の帰宅ラッシュは17時~18時半

18時頃にピークを迎える夕ラッシュ

夕方の帰宅ラッシュのピークとは、17時から18時半までの時間帯が該当する。職場の多くが退社時刻が17~18時に設定している例が多く、定時退社だとこの時間帯に自宅に帰ることとなる。

ただ、朝よりは空いているのは確か。職場であれば残業によって19時以降の遅い時間帯に帰る人も少なくない。学校でも放課後に部活動などで帰るのが遅い学生もいる。

朝とは違って早い時間帯と遅い時間帯に人々の移動が分散されるため、一極集中こそは避けられる。

夕方は都市部から郊外へ向かう交通機関や道路に混雑が集中する。鉄道なら都心から郊外へ放射状に延びる路線の下り線で満員電車となる。