Wi-Fiの周波数の2.4Ghzと5Ghzの違いとは!? どっちが良いのか?

スマホやタブレットからインターネットへ接続する際のWi-Fiの周波数帯域には2.4Ghzと5Ghzの2種類がある。最近の端末はどちらにも対応しているが、果たしてどっちが良いのか。

Wi-Fiの無線規格としては11ac・11n・11g・11a・11bなどがあるが、それぞれで帯域は異なる。

11ac/n/aは5Ghzとなっている。11n/g/bは2.4Ghzとなっている。11nは両方に対応していて、Wi-Fiルーターによって使われる帯域は異なる。




2.4Ghzと5Ghzの比較

2.4Ghz 5Ghz
回線速度 遅い 速い
電波の干渉 多い 少ない
飛距離 長い 短い
障害物 強い 弱い

同じWi-Fiでも、周波数帯域では特徴に違いが見られる。いずれにもメリットもあれば、デメリットもある。

どちらか一方が優れているというわけでは決してない。もし両方の帯域に対応している端末やルーターがあるのであれば、おすすめの帯域は条件を考える必要がある。

Wi-Fiルーターとスマホ・タブレット端末の位置や距離によって周波数帯域を使い分けるのが好ましい。




5Ghzはスピードと安定性に優れる

5ghzのWi-Fiの長所と短所

Wi-Fiの周波数帯域の中でも5Ghzは回線速度の速さと安定性に優れているのがメリットである。

最近は主流になりつつある11acの理論値上の最大速度は6.9Gbpsとなっている。流通しているWi-Fiルーターの無線規格の中では最速である。

光回線の回線速度は理論値で1Gbpsとなっているが、これに対応しているのは11acであり、5Ghzの周波数帯域を使っている。

5Ghzの長所は通信速度だけではない。電波の干渉が少ないのもまたメリットである。電波を飛ばす機器から受ける影響が少なく、インターネットへの接続が安定しやすい。

「Wi-Fiがプツプツ切れる」というような症状が少ないのも5Ghzの特徴である。

2.4Ghzでも採用されている11nは理論値の最大速度が600Mbpsとなっているが、すべてのWi-Fiルーターが5Ghzにも対応しているというわけではない。

対応しているWi-Fi規格が11n/g/bとなっているルーターの場合は2.4Ghzのみにしか対応していないととらえてよい。




2.4Ghzは飛距離と障害物に強い

2.4ghz

一方の2.4Ghzは飛距離が長くて障害物に強いのが長所である。5Ghzは飛距離が短くて障害物には弱い傾向がある。

Wi-Fiルーターとスマホやタブレットとが離れている場合、5Ghzだと電波が十分には届かずにうまくインターネットへ接続できないことがある。

同じ環境のもとで2.4Ghzに切り替えるとアンテナの数が増えて接続できるケースがある。ルーターと通信機器がある程度離れていてもつながりやすい。

障害物があっても、2.4Ghzの帯域であれば電波が回り込むという性質があるため、ルーターと通信機器の間の障害物を乗り越えて電波が届く。

5Ghzでは繋がりにくい状態でも2.4Ghzなら繋がることが少なくない。障害物がある環境では2.4Ghzを使うのがよい。

最も主流なのは11nである。5Ghzにしか対応していない11acよりも回線速度が遅いという欠点があるが、厳しい環境でスマホ・タブレットを使う際にはおすすめの帯域となる。