【就職】鉄道会社の総合職の難易度と倍率はどう?

鉄道会社への就職の難易度

鉄道会社の総合職への就職を考えている人は多いだろう。安定した経営や、地元に特化していることによる転勤の少なさは、少なくない大学生にとっては魅力的な勤務条件となっている。

また、電車好きな人にとっても非常に憧れの仕事であることも事実である。鉄道事務系の部署に配属となれば、列車のダイヤを作ったり、新型車両の配置計画などに携われる点では、「鉄オタ」と呼ばれる人々には大きな魅力がある。

しかし、鉄道会社の総合職に就職するのは決して簡単ではなく、かなり難しい。この業界では、「学閥」なども存在し、東大・京大をはじめとする旧帝大などの難関国立大、または早慶といった最上位私立大学の学生が中心に採用される。

このため、大半の大学生ではそもそも内定をを獲得することが難しい。それが鉄道業界の就活に関する事情である。

応募者はどれくらい?

鉄道業界の総合職の採用人数としては、各社の規模によって異なる。旅客鉄道会社(JR各社)では、特に本州3社は100~200人の学生を毎年総合職として採用している。一方、私鉄では10人くらいのところが多い。

一方、応募者は毎年1万人を超えると言われている。マイナビやリクナビからプレエントリーする人は、それをさらに超える数になるだろう。

倍率が高い鉄道業界

こうした現状から、応募者の大半は書類提出の時点で不採用になるケースが多い。また、選考受験者数がかなりの数字になることから、不採用者への通知自体と行わない例が多い。

これは、一般的に「サイレントお祈り」と呼ばれる方式で、就活生をバカにしていると批判されるケースが多いが、その根本的な原因は応募者のあまりにも多い人数が挙げられる。それくらい、鉄道会社の総合職を受けようとする人は多いのである。

さらに、より確実に優秀な学生を選抜するために、大学名で選ぶ抜くという方法を用いる。

これによって、無名な大学の学生は自動的に不採用となる。旧帝大などの学生しか選考過程に残さず、実際に面接試験まで進めるのはこうした有名大学の人だけとなるのだ。

こうした値から、鉄道会社の総合職の採用倍率は、書類提出の時点で100~1,000倍であると考えられる。つまり、選考はほぼ宝くじ同然といえるほど、内定を得るまでの難易度が極めて高いということだ。

他の業界よりもはるかに倍率が高く、内定への難易度が飛び抜けているのが全国の鉄道会社であるといえるのではないだろうか。

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です