大手証券会社の新卒採用、やはり内定は難しい!?

野村証券、大和証券、SMBC日興証券、みずほ証券、三菱UFJ証券ホールディングスの5社が大手証券会社として分類されるが、いずれの新卒採用においても内定を獲得するのはそう簡単ではない。




倍率も大きくて難易度は高い。金融業界を目指す大学生の多くはまず銀行の選考を受ける傾向にあるが、証券会社を希望している人も決して少数派ではない。

投資や資産運用について大学で学んだ学生、あるいはこうした分野に興味関心のある人であれば、証券会社は就職先の希望業界となることは間違いない。そして、この業界を目指す学生らがまず目指す会社がこれら大手5社である。

いずれも人気度が高い。エントリーの段階では30~40倍、あるいはこれを超える倍率になるのではないだろうか。エントリーを行う大学生が所属する学校や全国の国公立私立大学であるのは間違いない。

なので倍率もかなり高くなり、内定を取るのはかなりハードルが高くなるのはやむを得ない。もっとも大半の応募者は書類選考時に落とされてしまう。とはいえ、面接まで進んだとしても不採用になる人がほとんどだ。

実際に内定を手に入れられるのはかなり優秀な学生であるのは確かだろう。優秀といっても東大の学生などのことを指すのではない。証券業界に向いている人物のことを指す。

もちろん、大手の企業ということで学校名も多少は重要である。旧帝大や早慶などの難関大学に所属する学生の方が少しは有利になるのは本当の話かもしれない。

ただし、これだけが内定を得るための条件ではない。総合的な能力が必要であり、それがある人だけが大手証券5社に入れるのではないだろうか。

おすすめ記事




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です