【JR西日本】新卒採用の倍率、内定までの就職難易度は?

JR西日本の新卒採用における内定までの難易度はどれくらいなのか。鉄道会社であるということで倍率は高いのか。




鉄道会社とはもともと就職先としては非常に人気の高い業界である。安定していることで安定志向の学生に加えて、電車に強い興味関心をもつ鉄道マニアが応募するため倍率はかなり高くなる傾向にある。

エントリーできる職種であるが、JR西日本では総合職とプロフェッショナル職の2種類がある。総合職とは会社のあらゆる企業に携わる職種であり、鉄道事業だけではなく不動産やホテル、外食、小売りといったあらゆる仕事にチャレンジできる。

JR西日本の採用

JR西日本HPより

プロフェッショナル職とは鉄道専門職である。つまり、鉄道事業に深く携わる仕事であり、一般的な人が鉄道会社としてイメージするような仕事を行うというわけだ。

総合職は非常に難しい?

総合職についてであるが、こちらはかなりの学生が毎年応募するため倍率は非常に高い。一方、学閥の傾向が強い職種でもあり、大学名で落ちされるということも少なくない。

実際に内定を得ている学生は京大や阪大、神戸大などの難関国立大学、関関同立といった有名私立大学の学生ばかりである。

旧帝大や難関私立大でないとそもそも書類選考の段階で落とされてしまい面接までたどり着けないということも少なくない。

当然ながら、内定を獲得するのはかなり難しい。しっかりと志望動機や入社後に実現したい内容を考えておかないといけないのは言うまでもない。

プロフェッショナル職は?

プロフェッショナル職に関しては総合職のような学閥などは一切ない。大学名で採用・不採用が決まることはなく、完全な人物重視である。

こちらは鉄道事業に特化した仕事内容であることから、鉄オタと呼ばれるような学生も多くエントリーする。特に運輸系統は駅員・車掌・運転士を目指す系統であることから応募者は殺到し倍率は高くなる。エントリーの段階で10倍近くはいくと思われる。

技術系統に関しては保線や電気計器の保守管理を行う仕事であることから、直接電車の運行携わるわけではない。そのため、応募者はそれほど多くはない。倍率も低めであり、3~5倍程度ではないだろうか。

プロフェッショナル職全体としては、総合職よりは難易度は低いのは確かである。しかし、鉄道会社の中でも特に名の知られた企業であるため、内定はけっして簡単に取れるものではないのも間違いない事実だ。

おすすめ記事




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です