【湘南新宿ライン】混雑状況はどう? どの時間帯が満員に!?

朝ラッシュで混雑する湘南新宿ライン

JR湘南新宿ラインの混雑状況について、時間帯別でみるといつ頃の電車が一番激しく窮屈になるのか。平日と土日祝日では詳細が異なるが、特に朝の上りはかなりの乗車率となるのは間違いない。

朝ラッシュのコアタイムは7時30分~9時00分まで、その中でもピークを迎えるのは新宿駅に8時30分頃に到着する電車である。

埼京線と並んで混雑する路線であるのが湘南新宿ラインだ。東京駅方面に行く上野東京ライン系統よりも本数が少ないこともありかなりの混雑度になる。




埼玉方面 神奈川方面
8:30前後(新宿到着) 8:30前後(新宿到着)
夕方 18:30~19:00(新宿発車) 18:30~19:00(新宿発車)
区間 大宮駅以南 横浜駅以北

平日の場合、朝のラッシュ時はかなり混み合う。湘南新宿ラインの場合は正式名称の路線ではないこともあって国土交通省の混雑率の調査対象とはなっていない。

しかし実際の乗車率は相当な数値になる。決して空いているわけではない。北も南も並行していて代替が利く路線があるものの、混み具合はトップクラスだ。

【休日編】湘南新宿ラインの土日の混雑のレベルとは!?

宇都宮線・高崎線方面

宇都宮線・高崎線を走る北側の場合、南行きの列車の混雑率が高い。埼玉県内から新宿駅や渋谷駅へ向かう人が殺到するため、朝は度の電車も満員で窮屈な車内空間となっている。

湘南新宿ライン

特に混雑するのは大宮駅~池袋駅まではピークに達する。混雑率は推定で150%くらいになるのではないだろうか。

所要時間の面では埼京線よりも早いこともあり、乗客が湘南新宿ラインの電車に殺到する。




時間帯ごとの混雑のレベル(大宮方面)

<池袋駅到着列車を基準>
時間帯 混雑度 時間帯 混雑度
6:00-6:30 2 8:30-9:00 5
6:30-7:00 3 9:00-9:30 4
7:00-7:30 4 9:30-10:00 4
7:30-8:00 5 10:00-10:30 3
8:00-8:30 5 10:30-11:00 3

東京駅へ到着する列車を基準に調査した結果、上野東京ラインの朝ラッシュにおける

そして、一番混雑するのは8:30前後に新宿駅に到着する電車だ。多くの職場の始業時刻が午前9時なため、それに合わせて通勤客が乗る電車がこの時間帯に到着するものとなる。

夕方は新宿駅を18:30~19:00に発車する電車が一番混雑する。湘南新宿ラインの宇都宮線・高崎線方面に行く列車の乗客の多くは渋谷と新宿から乗ってくる傾向にある。

大宮駅からは宇都宮線と高崎線に分かれていくものの、下り列車でも大宮駅で降りていく人はそれほど多くはない。

むしろ乗ってくる人の数の方が多いこともある。座席に座っていた人が降りていき、そこを狙えるような可能性も低いのが現状。

東海道線・横須賀線方面

東海道線と湘南新宿ライン

東海道線と横須賀線方面からの湘南新宿ラインの場合、朝ラッシュは北側と比べると緩やかだ。

確かに乗車率は100%を超えていて、座席には座れない。しかし、それでも人と人の間には余裕がみられる。

理由としては、JR湘南新宿ラインの他に東急東横線や目黒線、小田急線などの私鉄各線が並行して走っているためだと考えられる。

横浜駅からは東急東横線を使っても渋谷や新宿まで行ける。藤沢駅からは小田急でも新宿まで電車1本で行ける。

時間帯ごとの混雑のレベル(横浜方面)

<大崎駅到着列車を基準>
時間帯 混雑度 時間帯 混雑度
6:00-6:30 2 8:30-9:00 5
6:30-7:00 3 9:00-9:30 4
7:00-7:30 4 9:30-10:00 4
7:30-8:00 5 10:00-10:30 3
8:00-8:30 5 10:30-11:00 3

朝ラッシュの時間帯ごとの混雑のレベルは大宮方面と全く同じである。特に大きな違いはない。横浜側からの大崎駅到着列車と大宮側からの池袋駅到着列車はちょうど重なる。

午前8:00~8:30に都心部に入る電車が1日のピークになる。もっと具体的に言うと、一番混雑するのはやはり8:30前後に新宿駅に到着する電車だ。

湘南新宿ラインの場合は、神奈川県内からの乗客の多くは渋谷または新宿で降りる人が多い。ただ、どちらかというと新宿駅の方が多い感じがする。

JRしか走っていない首都圏北部と比べると、南部の神奈川県内は鉄道網が発達しているといえる。そんな事情もあり、朝ラッシュでも苦しいほどの混雑率には達しない。

とはいえ、やはり武蔵小杉→大崎の区間では地獄の満員電車となるのは避けられない。東急東横線という代替手段があるものの、体感的には横須賀線との違いはあまり感じられない。

夕方のラッシュも北側同様に18:30~19:00に新宿駅を発車する列車となる。混み具合は朝ほどではない。ただ、それでも座席を確保するのは至難な業となるだろう。

池袋駅から乗れば、新宿駅にて降りていく人が結構いることから座れる可能性は多少ある。しかし、新宿駅からの乗車では無理といってよい。

駅間別の混雑のレベル

<朝7、8時台> 北行  南行
大宮以北 3 5
大宮~赤羽 2 5
赤羽~池袋 2 4
池袋~新宿 3 5
新宿~渋谷 4 4
渋谷~武蔵小杉 5 2
武蔵小杉~横浜 5 3
横浜~大船 5 2

湘南新宿ラインの駅間ごとの混雑をまとめると、上のような結果となる。目視で調査した結果ということで、実際には各列車や時間帯で異なってくる。

ただし、朝ラッシュではこのような傾向になるのは確かだろう。南行きは宇都宮線・高崎線内から新宿駅または渋谷駅まで、北行きは横浜市内から新宿駅までが激しい混雑になる。

北行・南行ともに、朝の時間帯の混雑が本格的に緩和される基準駅は言うまでもなく新宿駅である。この駅を通過する、一気に混み具合が下がる。

湘南新宿ラインとともに混み合う埼京線

東京都内に関しては、基本的には埼京線と混雑状況は同じである。ただし、大宮~池袋間ではやや違いが見られる。

埼京線は上野東京ラインや京浜東北線から赤羽駅で乗り換えてくる人で激しい地獄の通勤ラッシュとなっている。

【埼京線】赤羽駅の混雑はどのレベル!? 朝の光景とは?

大宮~赤羽間は沿線のマンションや住宅地に住む住民と武蔵野線(武蔵浦和駅にて接続)からの乗り換え客がほとんど。大宮駅で宇都宮線・高崎線、あるいは東武アーバンパークラインから乗り換えてくる人はあまりいない。

湘南新宿ラインは大宮駅とそれ以北の地域からの乗客が副都心方面へ向かう際に使う。したがって、埼京線と比べて満員が続く時間と距離が長い。

性質的には上野駅を経由する上野東京ラインと変わりない。しかし、湘南新宿ラインは本数自体が少ないため、1列車当たりの混雑のレベルは高い。

おすすめ記事




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です