【比較】ソフトバンク光とドコモ光、どっちが速くて高評価!?

光回線

ソフトバンク光とドコモ光を比較した場合、どっちが良いのか。回線速度が速くてインターネットへの接続環境が良く、高い評価を獲得しているのはどちら側なのか。

いずれも大手キャリアの携帯電話会社であり、光回線を取り扱っている会社としても人気が高い。常に新しく光回線を契約する人が多いようだ。

料金は、ソフトバンク光が月額3,800円、ドコモ光が月額4,000円となっている。前者の方が200円安い値段となっている。

スマホの料金とのセット割もあるため、料金の面ではどちらが安いかと明確に判断することはできない。そこで重要な要素となるのが、回線速度の速さである。当然ながら、スピードが速い方が使い勝手が良い。

ドコモ光はプロバイダを自由に選べる

ソフトバンク光もドコモ光もNTTフレッツ光の回線を使っている。フレッツ光の卸売り業者という形式になっているため、インターネット接続の際に使う設備はどちらもNTT東日本・西日本のものだ。

単独の設備を使っているauひかりとは違う。そのため、回線速度を決定する要因はプロバイダとなる。

ソフトバンク光では、プロバイダはすべてYahoo! BBとなっている。全国のどこから申し込んでも、プロバイダは自動的にYahoo! BBが指定される。

ドコモ光の場合は、契約する際に自由に選ぶことができる。選択肢として、so-net・DTI・ぷらら・BIGLOBEなどがある。プロバイダの選択肢がないソフトバンク光とは対照的だ。

こう考えると、ソフトバンク光よりもドコモ光の方が優勢であると考える人が多いだろう。しかし、プロバイダによる違いは、現実的にはあまりないというのが正直なところではある。

評価が高いのはどっち?

ネット上での評価や口コミについては、ソフトバンク光の方が高い傾向にあると感じる。回線速度については、ドコモ光と大差はなく、ほぼ拮抗しているといえる。

しかし、サービスの面ではソフトバンク光の方が良いようだ。セット割だけでなく、乗り換えキャンペーンやキャッシュバックの特典が充実している。

ヤフージャパンと同じ系列であることから、Yahoo!関係の特典も充実している。この点は、NTTドコモにはない内容だろう。

なお、ソフトバンク光もドコモ光もフレッツ光の回線を使用しているので、夜の時間帯になると回線速度が遅くなるという声が少なくない。

最近は光コラボレーションでフレッツ光の回線を使う人が増えてきたこともあって、インターネットへのアクセスで混雑する21時頃は通信環境が良くはない地域もあるようだ。

これらの2社を比較するのであれば、スマホとのセット割やキャンペーンの内容といったサービスの面を考慮するのが良いだろう。

なぜドコモ光が人気? みんなが選ぶ理由

ドコモ光の契約者数は光回線の業者の中ではトップを走るようだ。なぜそれほど高い人気を獲得しているのか。そんな理由について、今回は詳しく見ていこう。

同じ携帯電話会社の大手キャリアとして、au・ソフトバンクがある。いずれも、「auひかり」、「ソフトバンク光」という名前で光回線を提供している。

しかし、ドコモ光と比べると劣っている。auひかりは、KDDIの独自回線を使っていることから、回線速度が速いという評判が多い。それでも、契約者数では勝ててはいない。

ドコモ光にするメリットとは?

  • 携帯電話、スマホとのセット割
  • プロバイダが自由に選べる

携帯電話やスマホをドコモで契約している場合には、ドコモ光にすることで「セット割」が適用される。光回線の正規料金よりも500円ほどの割引が利く。

ソフトバンク光やauひかりでも携帯電話・スマホとの併用による割引は存在する。格安スマホのMVNOでもセット割が設けられていることが多い。

しかし、それでもNTTドコモが優勢となっていることには変わりない。

契約者数が多い背景には、ドコモにて携帯電話やスマホを契約している人自体が多いことが挙げられる。大手キャリア3社の中でも、トップはNTTドコモなのは昔から変わらない。

セット割を目的に光回線を契約するのであれば、当然ながら携帯電話の契約者数が多いドコモが有利になれる条件が整っている。

プロバイダを自由に選べるから?

もう1つの理由とは、プロバイダが自由に選べるという条件である。ドコモ光におけるプロバイダは複数用意されていて、利用者は最初に自由に選ぶことができる。

ソフトバンク光では、プロバイダはYahoo!bbのみしかない。auひかりには、ドコモと同じように複数のプロバイダ会社と提携しているものの、総数は少ない。しかも、マンションプランでは対応していないところもある。

一戸建てプランでもマンションプランでも自由に選べるのはドコモ光となる。そして、これが人気の理由の1つになっている可能性が大きい。

申し込みの手続きを行える場所も豊富だ。インターネット上のドコモオンライン、店舗のドコモショップ、さらには家電量販店で行える。

光回線にあまり詳しくない人でも手軽に申し込める環境にあるのも、ドコモ光を選ぶ人が多い理由であるのも間違いない。

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です