Fライナー、有楽町線の新木場方面には行かないのはなぜ!?

東京メトロ有楽町線には「Fライナー」などの急行は走っていない。新木場駅方面とを行き来する電車は、地下鉄の区間は各停になる。

準急や快速などの種別があるが、これはあくまでも西武池袋線内で運転される種別である。

副都心線では、全区間で優等列車として運転され、地下鉄内でも急行として走る。しかし、新木場方面へ行き来する有楽町線では、すべて各駅停車となっている。




有料列車であれば、平日は西武池袋線と東京メトロ有楽町線において「S-Train」が運転されている。土日は、副都心線を経由して元町・中華街方面にて運転されている。

しかし、Fライナーについては、平日も土日も副都心線だけとなっている。有楽町線内で通過駅の設定がある電車は1つもない。

有楽町線とFライナー

なぜ、有楽町線にはFライナーが走っていないのか。そんな疑問を感じたことがある人はいるだろう。

なお、S-Trainはすべての座席が有料の座席指定型の列車となっている。自由席がまったくなく、乗車券のみでは絶対に乗れない。

参考:【S-TRAIN】自由席はない!? 無料で乗れる車両はゼロなのか?

距離が長くないため

有楽町線の場合、東側ではすべての列車の終着駅は新木場駅である。新木場では、他社線への相互直通運転はない。行き止まりとなっている。

他社への乗り入れを行っているのは西側の部分である。西武池袋線や東武東上線と相互直通運転を行っているわけだが、有楽町線を使う人は東京都心へ向かう人がほとんどである。

有楽町線単独で見ると、乗客の移動距離はそれほど長くはない。山手線の外側から外側へ行く人はそう多くはない。

そんなわけで、他の多くの路線と同じようにすべて各駅停車となっている。乗り入れ先の西武池袋線を中心に準急として走ることもあるが、地下鉄に入るとすべて各停となるというわけだ。

一方、副都心線は有楽町線とは事情が違う。西武池袋線・東武東上線と東急東横線・みなとみらい線をつなぐ役割を果たしている。

埼玉県南西部の地域から副都心線を経由して横浜などの神奈川県内へ行く人も多く、長距離を移動する人が一定の数はいる。

長距離輸送の需要に応えた電車が、みなとみらい線・東横線・副都心線・西武池袋線・東武東上線を通しで速達運転を行う「Fライナー」である。




並行する競合他社がいない

有楽町線の場合、走る地域は完全に東京メトロが独占しているといってよいだろう。山手線の内側の地域がメインのため、他社がいないエリアを走っている。

速達の競争もほとんどない。わざわざ速達列車を運転するほど厳しい環境に置かれているわけではないのが、有楽町線の特徴だろう。

有楽町線

副都心線は、全線に渡って他社と並行して走っている。中でも渋谷~池袋間はJR山手線、埼京線、湘南新宿ラインと並行して走る。

各駅停車は、山手線と所要時間がほぼ同じとなっている。しかし、埼京線と湘南新宿ラインは大きな駅にしか止まらないため、それよりも所要時間が短い。

山手線vs副都心線、どっちが速くて便利? 運賃の違いはどれくらい?

これに対抗するという意味でも、副都心線では「急行」が運転されている。急行の所要時間は、JR埼京線・湘南新宿ラインとほぼ同じである。

もし、副都心線ですべて各停のみの場合、西武線や東武東上線と東急東横線を使う人でも、所要時間の早いJRを使うようになってしまうかもしれない。それを防ぐために、東京メトロ副都心線ではFライナーが運転されているのではないか。

おすすめ記事