本田技研に「学歴フィルター」はない? 大学名は問われないか!?

本田技研工業における新卒採用では、学歴フィルターがない傾向にある。大学名で採用・不採用、あるいは面接に進めるかESで落ちされるかが決まらない。人物重視が基本とされていて、学校の偏差値で有利不利の可能性が薄い。




自動車業界の中でも、Hondaの場合は大学のレベルによって選考で有利に働くわけではない。逆に、レベルの低い学校に所属している場合でも不利になるのは少ない。

あくまでも、意識の高さや対人コミュニケーション能力などのパーソナリティの部分が重要視される。文系理系を問わず、この流れが見られる。

自動車の完成車メーカーにおいては、特にトヨタや日産などで学校名がやや見られるようだ。大学の偏差値によっては、あっという間に書類選考の時点で不採用になる確率が大きい。

学歴フィルター

東大・京大をはじめとする旧帝大、その他主要都市の国公立大、早慶上智などの一部の私立大学の学生が多く内定を獲得している。地方の国公立大、MARCH・関関同立クラスの学生も採用されるが、そこが1つのボーダーラインとなっている。

日東駒専・産近甲龍クラスになると、採用者は少ない。もちろんゼロではないものの、学生数そのものが多い割には少ない。




1次面接の時点でも、上位レベルの大学に所属する学生がほとんどである。海外の大学からも採用しているものの、日本国内にいる学生に限れば学歴フィルターがあるように思えるだろう。

本田技研工業の場合、社内でも出身大学はあまり興味関心の対象とはなっていない。少なくとも、同じ規模の大企業と比べると薄いといえる。

内定者は難関大学が多い?

本田技研工業

ただし、内定者に視点を絞ってみると、難関大学に所属する人が大きな割合を占めている。面接を受ける人では、レベルを問わないように見えるものの、入社するメンバーを見ると、高学歴の傾向が否定できない。

理由として考えられるのは。面接での受け答えのレベルの高さが上位クラスの学校の学生に見られる点である。

大学の偏差値の高低差は学力の格差を表すだけではないという意見が大きい。コミュニケーション能力やビジネスへの意欲の高さについても、学力の偏差値が高い大学ほど学生数が多いようだ。

もちろん、勉強ができることがコミュニケーション能力も高いことを意味するわけではない。逆に勉強ができない人は仕事への意欲が低かったり、話すのが苦手であるというわけではない。

とはいえ、統計的に見ると学力の高さと人物面での評価の高さは比例する傾向にある。全体的に難関大学に所属する学生においては、人物面も良好というわけだ。

そんなことから、本田技研工業での新卒採用でも偏差値が高い有名な難関大学の人が大きな割合を占めている。

おすすめ記事